2011-04-14

地球の衛星。

NASAは2011年04月27日に、AT&Tを退職したアマチュア・カメラマンラルフH.バーンスタイン(Ralph H. Bernstein)によって、2011年4月14日にニュージャージー州モンマスカウンティー(Monmouth County, New Jersey)で撮影されたディスクの83%が照らされている「満ちる凸月(waxing gibbous moon)」の写真を公開した。

1回の凸月が、月のフェーズの1つだけであり、照らされた部分のサイズがしかし、満月ではなく、半分より大きいときに、現れる。

「満ちる凸月」は1回の上弦の月と満月の間の期間で、その時、月の照らされた領域は毎日、増加する。