2011-04-28

アジア太平洋地域は、mFinance革命に突入する入り口を見つけた!

モバイル・マネー

Cellular-Newsは、Pyramid Researchからの最新の報告からとして、アジア太平洋地域で2015年までにモバイル・ファイナンスが、革新的なビジネスモデル、パートナーシップ、および最も良い習慣を導入することによって最大23億になり、財政的な行動で大変革のサービスになると予告した。

世界一大きいモバイル・マーケットとして、アジア太平洋地域は、2010年にグローバルな携帯電話の契約者の48.5%を占めた。

この市場サイズから、アジア太平洋地域は、20億人のmFinanceユーザーを包括する可能性がある。

まさに、「mFinance Revolution」に突入する入り口を見つけた。

先進国が失敗するのは、大手既存銀行の参入である。

Pyramid Researchのシニア・アナリストであるダニエル・ユー(Daniel Yu)は、
「新興成長市場で事業者が、彼らの加入者ベースが金融サービスへのアクセスを欠いていた人口のセグメントに重なることを知っています。」と言っている。

「携帯電話事業者は、モバイル送金(mobile remittances)、モバイル・トップ-アップ(mobile top-up)、SMSによって可能にされたプラットホームを通る放送時間転送(air time transferなどのサービスを加えることによって、この要求を記述するのを試みた。したがって、即座に、低い収入セグメントに銀行業務をもたらした。」と、彼は言い足した。

「mFinanceには、要求見解から、人間の交流の別の重大な局面を携帯電話に加えて、モバイル用法を別次元に推進できる要素があります。」
「しかし、mFinanceが事業者の市場情勢を補強して、営業成績を上げ、さらにユーザー忠誠を培うためにエージェントになる可能性を迎え入れるので利益はただ一方的ではありません。」
「成長の見込まれる市場の事業者は、エンドユーザーが彼らのサービスで持っている信頼の利益を得続けるでしょう。」
「開発された市場の事業者は、既に電子決済オプションに精通しているユーザーの中で信頼要素の利益を得るでしょうが、開発された市場は、それらの市場の潜在能力がわかるために技術標準化を必要とするでしょう。」と言っている。

この市場に、VISAやMasterCard、CITIbankは、参入していない。
モバイル事業者が、銀行業務を代行し始めている。

つまり、プリペイド式携帯電話が、そのままウォレットとして事業展開を開始し始めている。
この法式で行けば、モバイルペンイメントから始まって、モバイル・バンキングでの送金などを可能にし、資産運用革命(Personal Finance Revolution)を実現して、さらに本格的なモバイル・マネーの社会を構築できる。

問題は、地域間の標準化であり、大手銀行業者が不在であったことが良い結果を生み始めている。

Related Dates