2011-04-30

ハリー・ポッター女優、いじめを否定!?

BBC Newsは、ハリー・ポッター女優エマ・ワトソン(Emma Watson)がいじめにより、名門の米国大学からの休憩を取るように追い立てたというクレームを否定したと報告した。

メディア報道は、ハリー・ポッター映画のハーマイアニ(Hermione)を撮影するとき、ロードアイランドのプロビデンス(Providence, Rhode Island)でブラウン大学(Brown University)の学生が彼女の役に関して彼女をからかったと言った。

しかし、彼女のWebサイトの声明で、21歳のエマ・ワトソンは「私は人生で一度もいじめられたことがありません。」と言っている。

彼女は、9月以降に何をしたいかが判らなかったが、当分の間行動するのに焦点を合わせると言っている。

彼女は、2009年9月に初めは文学を研究するためにブラウン大学に登録した。

レポートによれば、学生が、ホグワーツ(Hogwarts)の家の場面で、ハリー・ポッターのウィザードのための学校に撮影された「Gryffindorへの10ポイント満点」で、ワトソンがいつ、クラスで正しく質問に答えられるかと言ったと申し立てた。

エマ・ワトソンは、
「私は、メディアが最近示しているように、私がブラウンから学期を取り去った理由をあなた方のすべてに知らせる必要性が、いじめと関係なかったと感じました。」
「私は私の人生と、ブラウンで一度も決していじめられたことがありません。Gryffindorへの10ポイント満点で後ろ指をさされるような事件が決し起こってさえいませんでした。」
「私は不公平な状態で、私がいなくなることを引き起こしながら、いじめと何か同じくらい重大なものとこで、ブラウン学生を起訴するように見えるので、これを言う必要性を感じました。」
と書いている。

そう言えば、日本では吉永小百合が、早稲田大学を中退している。

先月、彼女は、映画人としての経歴に焦点を合わせるために、研究のタイムアウトを取っていたと発表した。

彼女のスポークスウーマンは、先週ワトソンが秋に別の大学に転校すると言ったが、ワトソンの声明は「私が9月にするかもしれないことを推測してみないでください。--私がまだ知ってさえいないので、だれも知ることができません!」と書いている。

「ブラウン学生のような他の仲間と、私は、海外で3年目を費やすつもりであるかどうか(これは一般的です)理解しようとしています。」

彼女のウェブサイトのFAQ部に、「なぜイギリス人が、ブラウン大学を選んだか?」と書かれ、
彼女の日付のない答えは、
「イギリスにいるか、またはそれに面しようとき、米国に行くために、イギリスにはいくつかの世界一良い大学があるかどうかに関して私が真剣に苦しみました。」
「しかし、結局ブラウンでコースを愛して、異なった国と文化を経験するという考えは本当に好きでした。」
「そして、一度もこれより幸福であったことがないと言わなければなりません。」
「そして、私はブラウンを絶対に好みます。」と書いている。

しかし、これだけ世界中で有名になると、リスクは有るだろう。
気にしない噂が、傷つけることもあるだろう。

しかし、誰がそれを止めることができるのか?

正直に言えば、それで終わりにすべきかもしれない。

BBC Newsは2010年12月30日に、ハリー・ポッターの本で流行らせられたゲーム「クィディッチ(Quidditch)」を楽しむためのゲーム説明を公開した。

イギリスの大衆紙デイリー・ミラー(Daily Mirror)は2009年11月13日に、「Harry Potter actor Daniel Radcliffe smokes spliff at party(ハリー・ポッターの俳優ダニー・ラドクリフはパーティーでマリファナタバコを煙らせた。)」を公開し、彼がパーティーでマリファナを吸ったとき、ハリー・ポッター(Harry Potter)のアイドルダニー・ラドクリフ(Daniel Radcliffe)は、彼の頭は切れ、笑い続けたと報告した。