2011-04-28

次のスマートフォンで、米国人はAppleよりAndroid!

Cellular-Newsは、ニールセンによる2011年1月から2011年3月までの間の消費者の研究調査によると、米国の消費者の約3分の1(31%)は、次の購買のためのAndroidベースのスマートフォンを考えていたと報告した。

これは2010年9月にAndroidが欲しかったのが26%であった音から、急上昇したことになる。

AppleのiOSは、2010年9月の33%から30%に落ちた。
RIM Blackberryは、2010年9月の13%から11%に落ちた。

消費者のおよそ20%は次に選ぶべきことが不確かであった。
それらの力学は、既に販売に影響を与えていた。

過去6カ月でスマートフォンを購入したに対して、2011年3月に調査された半分の人は、Androidデバイスを選んだと言った。
4分の1が、彼らがiPhoneを買ったと言い、15%はBlackberryを選んだと言った。