2011-04-28

AppleのiPadは、2011年第1四半期にPC市場を7%上昇させた。

Cellular-Newsは、CanalysがApple(アップル)のiPadによってリードされたパッド市場が、成長を強め続けていたので、PC市場が2011年第1四半期に7%の成長であったと発表したと報告した。

パッドが競争していたとき、消費者ITのシェアが費やされたので、アップルはもう一度、主にノートとネットブック出荷を犠牲にしてパッド市場に規格をはめ込んだ。

2011年第1四半期に世界中でのパッド出荷は、640万ユニットに達した。

アップルはこれらの出荷の74%を占めたが、他のベンダーも、売り出すために競合品を持って来るように戦った。

Canalysは、製品がエイサー、Asus、LG、およびRIMから現れていて、次の四半期市場で著しい変化を見ると予想した。

しかし、それらのほとんどがAppleのiPadのコピーと言える。

オリジナリティが、ほとんど感じられない。

アップルは、パッド市場を支配し、2011年第1四半期末までに59カ国の市場で利用可能なiPadかiPad2と共に、戦略を続けていた。

強い四半期売り上げの組み合わせと、3月末の主要な市場でのiPad 2の着手の発表は、31%連続して下がっていたアップルのiPad出荷に貢献した。

iPad 2着手の完全な影響は、アップルが消費者の手に製品を入れるとき、その後の四半期まで示されない。

パッド販売が、アップルの結果を撤廃し続けていた間、エイサーやAsusなどの焦点が消費者ネットブックとノート市場にあるPCベンダーは、それほどよくなかった。

ソニーまでが、なんちゃってiPadを開発すると言い出している。

しかし、Mac Observerは2011年04月15日に、アップルは、いくつかの携帯電話と同様に、見た目と感覚(Look and Feel)で知的財産の違反として、三星電子(Samsung Electronics Co.)のGalaxy tabに対して訴訟を起こしたと報告した。

訴訟(#11-1846)は2011年4月15日に、このようなケースのための典型的な開催地サンフランシスコのカリフォルニアのNorthern Districtで起こされた。

他では駄目かもしれないが、ここでは「なんちゃってiMac」でアップルは勝訴している。

訴えたのは、 「Galaxy Tab (tablet)」「Galaxy S 4G」「Epic 4G」「Nexus S phones」を覆っている。

アップルのスポークスマンのクリスティン・ユゲ(Kristin Huguet)は、
「この種類のあからさまなコピーは間違っています。」と言っている。

確かに、最近のスマートフォンやタブレットは、すべてコピー・デザインで、コピー哲学と言える!

オリジナリティが、全く感じられない!
なんちゃって・シリーズである。

節操も何も無くなっている。
違うのは、iOSかAndroid

ソニーも落ちるところまで落ちた。

iPodの時も、Washington Postは2004年5月9日に、世界中に「ウォークマン(Walkman)」でセンセーションを起こしたソニーが開発したマーケットが、今ではApple社の「iPod」に完全に制覇され、多くのデジタル・ウォークマンを出しても見向きもされず、そこで2004年5月4日に登場した「iTunes Music Store」の猿真似のような創造性を無くしたソニーの気恥ずかしいサービス「Sony Connect」として、あまり好意的ではないコラム「Sony's Connect Music Service Offers Fair Pricing, Little Else」を公開した。

ただし、iPodの場合は、その前にソニーにはウォークマンの実績があるので、弁解が多少できた。
しかし、iPadの猿まねには、逃げ場がない。