2011-04-23

スロベニア職人のイースターエッグ!

AFPは、スロベニアの首都リュブリャナ(Ljubljana)から50km離れたStara Vrhnikaで、キリスト教の復活祭(イースター)に向け、タマゴの殻に2万個以上の穴をあけて模様を描く特製イースターエッグの準備が進んでいると報告した。

[AD] You can advertise on this site.

特製イースターエッグを作るのは、スロベニアの70歳になる職人フランク・グロム(Franc Grom)で、独特の製作技法を18年間続けている。

特製イースターエッグの多くは、2500~3000個の穴で模様を描く。制作には約1週間かかり、グロムさん以外にはここまで多くの穴をあけて模様を付ける人はいないといわれている。

米粒に文字を書くのに似ている。

Stara VrhnikaのGoogle Earthポインター情報
45°58'32.43"N,14°16'58.79"E
または、
45.975675, 14.282997

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE