on-the-time.jp

2011年04月23日

スロベニア職人のイースターエッグ!

AFPは、スロベニアの首都リュブリャナ(Ljubljana)から50km離れたStara Vrhnikaで、キリスト教の復活祭(イースター)に向け、タマゴの殻に2万個以上の穴をあけて模様を描く特製イースターエッグの準備が進んでいると報告した。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

特製イースターエッグを作るのは、スロベニアの70歳になる職人フランク・グロム(Franc Grom)で、独特の製作技法を18年間続けている。

特製イースターエッグの多くは、2500~3000個の穴で模様を描く。制作には約1週間かかり、グロムさん以外にはここまで多くの穴をあけて模様を付ける人はいないといわれている。

米粒に文字を書くのに似ている。

Stara VrhnikaのGoogle Earthポインター情報
45°58'32.43"N,14°16'58.79"E
または、
45.975675, 14.282997

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト