on-the-time.jp

2011年04月21日

アップルはノキアを抜いて、トップ受話器ベンダーになった!

Cellular-Newsは、Strategy Analyticsからの最新調査レポートから、アップルは2011年第1四半期にキアを抜いて、世界最大の受話器ベンダーになったと報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

Strategy Analyticsのシニア・アナリストアレックス・スペクター(Alex Spektor)は、
「私たちはアップルの2011年第1四半期にUS$119億であったiPhone受話器分割の大量の収入を見積もっています。」と言っている。

アップルは、初めてノキアに追いつき、そしてノキアのUS$98億を追い抜いた。

「強いボリュームと高い卸値で、PCベンダーには、4年未満後に、総受話器市場の首尾よくキャプチャしている収入指導部があります。」と言っている。

Strategy Analyticsのディレクターであるニール・モーストン(SNeil Mawston)は、
「アップルは、現在の世界で最大の受話器ベンダー、スマートフォンベンダーとタブレットベンダーです。」と言っている。

アップルの独占ハードウェア、そして、ソフトウェア、サービスの生態系は非常に人気があって非常に有益であると判明した。

しかし、ライバルは強く追いかけていて、特にAndroidベンダー共同体でスマートフォンのグローバルなインストールされたベースを見積もって、2011年末までにアップルを超えると予測している。

また、ノキアは大いにマイクロソフトに授けて、そして、アップルは来年、それらのために主要な目標になる。

ただし、1社での売り上げ、携帯電話の機種ごとでの売り上げは、もう当分誰も追いつけないことだろう。

Androidベンダーは寄って集って数を伸ばすが、各社ごと、機種ごとでは、かなり低い。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト