gaYa広告

2011年04月23日

特許に関するトーマス・ジェファーソンと考えの自由。

NEWSgristは、Moving To Freedomからの「Thomas Jefferson on Patents and Freedom of Ideas(特許に関するトーマス・ジェファーソンと考えの自由)」を公開した。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

トーマス・ジェファーソン(Thomas Jefferson/1743 - 1826)が1813年に、彼の考えの本質に関して、アイザック・マクファーソン(Isaac McPherson)に書いた手紙から
「Unbounded Freedom」を読み始めて、かなりの抜粋へ駆け込んだと書いている。

確かにトーマス・ジェファーソンの文献は非常に面白いが、ただし、その時代を無視して読んではいけない。

とくにイギリスで始まった著作権に関しては、イギリスから独立したばかりの米国にとって、それを導入すると言うことへの精神的な抵抗は、想像を絶する。

そのような時代背景を無視して、言葉だけで読むと、とんでもない勘違いをすることになる。

ただし、著作権は生活の中の空気のようになって欲しいという考えは、私の願望でもある。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

gaYa広告