2011年04月23日

ウィーンで、オーストリアのナチ脱走兵メモリアル建設計画!

BBC Newsは、オーストリアの首都ウィーンがアドルフ・ヒトラー(Adolf Hitler)の軍隊「Wehrmacht」から脱走した軍人の名誉のために、メモリアルを建設する計画を発表したと報告した。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

参事会はまだ正確な位置について決めていないが、運動員は慰霊塔と並んで幸福の旅路広場として、Heldenplatzにそれを入れることを望んでいる。

Heldenplatzは、オーストリアで生まれるヒトラーが、オーストリアをドイツに併合した1938年に群衆に演説した場所でもある。

BBCのベサニー・ベル(Bethany Bell)は、オーストリアが徐々にナチを過去のこととして、立ち向かっていると言った。

昔、ヒトラーが生まれた街では、ヒトラーの悪口は言ってはいけないと注意されたことがある。

オーストリアの議会は2年前に、Wehrmachtから見捨てられ、ナチスによって犯罪にされた軍人を復権するのに同意した。

メモリアルを建設するという決定は、ウィーン地方自治体連合(Vienna's municipal government coalition)を形成する社会主義と緑の党(ocialist and green parties)によって是認された。

徴兵から逃げ、フランクフルトで何年も地下で生活し、戦後もそのまま地下で隠れていた人がいた。

アドルフ・ヒトラーの軍隊「Wehrmacht」から脱走することが、どれほどの恐怖だったことだろう。
そう言えば、石原慎太郎都知事を非難することも、それに近いかもしれない。

何が英雄かという基準が狂った世界!

選挙管理委員会までが、冒された選挙で選ばれた代表者!

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

gaYa広告