on-the-time.jp

2011年04月21日

ザクロとクジャクの羽(GRANATAPFEL UND PFAUENFEDER)

ドイツのアート雑誌「ART」は、イギリスのロンドンにできたビクトリアとアルバート博物館(Victoria & Albert Museum)の展示を紹介してきた。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

その展示は、「Aesthetic Movement(美的ムーブメント)」、つまり産業革命のビクトリア時代に、美しさの理想として、ラフな現実に対処したアーティストとデザイナーを紹介している。

髪の毛は赤く、カールされ、顔はアヘンで青ざめ、透明で、唇はみだらで、猥雑である。

それは、今から100年前にイギリスで起こった。

美しい憂鬱は、芸術的な運動の商標のようで、美的なムーブメントとしてイギリスでとても明らかとなった。

ロンドンの美的文化は、麻薬と退廃の美という人もいる。

もし、ビクトリアとアルバート博物館(Victoria & Albert Museum)に行く機会があったなら、ぜひ、サーカスのビルも---

ビクトリアとアルバート博物館(Victoria & Albert Museum)のGoogle Earthポインター情報
51°29'46.24"N,0°10'19.06"W
または、
51.496178, -0.171961

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

gaYa広告