on-the-time.jp

2011-04-12

Foxconnは今年から、ブラジルでiPadを組み立て始める!

キャラバン資本主義ビジネス

Mac Observerは、伝えられるところによれば、iPadメーカーのFoxconnが、アップル(Apple)のために2011年11月末までにブラジルで経営されている工場でデバイスを生産し始めることを計画していると報告した。

[AD] You can advertise on this site.

この情報は、Foxconn、その親会社のHai Precision Industry、またはアップルからではなく、ブラジルの科学技術大臣アロイジオ・メルカダンテ(Aloizio Mercadante)からであった。

ただし、アロイジオ・メルカダンテはロイターに、「まだ交渉中で、完全ではないが、自信がある。」と言っている。

まさに、噂ではなく、希望である。

そのような移動は、現在ブラジルのiPadの価格の二倍であり、それが保護貿易主義者関税を回避できるので、アップルを助けることになる。

ロイターは、現在米国でUS$399で小売する16GBのオリジナルのiPadが、関税のためブラジルでUS$860の値を付けられることに注意した。

Mac Observerはこれに似たこと、今年のMacworldコンファレンスとエキスポでブラジルのMacとiOSファンと話したと言っている。

彼らは、ほとんどのアップル・デバイスとMacコンピュータが関税のため買い入れを控えて、ブラジルで単に値を付けられると言った。

また、ブラジルは世界で8番目に大きい経済大国である。

言い換えれば、アップルがブラジルの消費者へ、より大きい、多くのアクセスが欲しいという理由があり、そして、ロイター断片はFoxconnが現在の業務の大部分をつかむ中国の深センの地域の上昇する労働コストが、中国の外で広がるのを目指す理由であると言った。

これと同じことは、私の友人も言っていた。

中国でのビジネスに利点が無くなってきている。
それはノキアが、ベトナムに工場を2年後に造ることにも関係してきている。

これら、2つの要素をまとめて、そうすれば、大臣のメルカダンテの主張の後ろに多くの長所がある。

2つの要素をまとめてください。そうすれば、大臣のメルカダンテの主張の後ろに多くの長所があります。

しかし、それは少なくとも、まだ完了した取引ではない。

また、FoxconnがiPad生産のすべてを南米に移すのか、または単に何らかの生産を動かすか、どうかもまだ明確ではない。

メルカダンテ大臣は、国の追加工場を発展させながら、最大US$120億を投資するために、iPad生産取引に関係なくて、Foxconnがブラジル政府と交渉していると言った。

iPadは、中国人より、ブラジル人の方が似合うかもしれない。

Cellular-Newsは2011年03月27日に、Hindu Business Newsからの情報としてカナダのRIM(Research in Motion)が輸出ハブとして、インドで受話器工場を設立すると考えていると報告した。

今携帯電話を始め、多くの生産工場の移動が始まっている。

体制の変化は、ジプシー・キャラバン・ファクトリー時代のある種のチャンス到来である。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.