on-the-time.jp

2011年04月12日

「母なる自然」の権利で世界の歴史を作るボリビア!

Raw Storyはイギリスの新聞「ガーディアン(guardian)」からとして、ボリビアは、法廷で市民に通じることができる新しい環境破壊法を通過させる準備をしていると報告した。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

「母なる地球法(Ley de Derechos de la Madre Tierra/The Law of Mother Earth)」は、人間と同じ権利を自然に与える。

生存権(the right to exist)、自然のサイクル(the right to continue natural cycles)、水と空気を掃除する権利( the right to clean water and air)、汚染から自由になる権利(the right to be free of pollution)、遺伝子を組み換えさせない権利(the right not to have cellular structures altered)など、自然への11の新しい権利を確立する。

また、法的に「メガインフラストラクチャ、生態系のバランスに影響する開発プロジェクト、およびローカルの住民社会によって影響を受けない権利(the right to not be affected by mega-infrastructure and development projects that affect the balance of ecosystems and the local inhabitant communities.)」を自然に与える。

ボリビアの副大統領 Alvaro García Lineraは、
「世界の歴史を作る」
「地球はすべての母親です。」
「「人と自然の間のはじまったばかりの男女関係を確立します。」
「自然のために再生の保証としてそれの調和を保存しなければなりません。」
と言った。

この法律は、ボリビアの大統領Evo Moralesと、彼の政党Move Toward Socialism partyのサポートで実現しようとしている。彼はラテンアメリカ最初の原住民の大統領である。

アンデス特有の哲学の一部として、「Pachamama」として知られている「地球神」は一切衆生のセンターにいる。

ボリビアの外務大臣David Choquehuancaは、「Pachamama(Pacha Mama)」に対する敬意が、ボリビアの生き方を混乱させると脅かす気候変動の防止で重要であると言い、
「私たちの祖父母は、私たちが動植物の大家族のものであることを私たちに教えました。」
「私たちは、惑星の中のすべてが大家族の一部を形成すると信じています。」
「私たち先住民は、私たちの値でエネルギー、気候、食物、および財政危機を解決するのに貢献できます。」
「また、発展途上国としてボリビアは、スズ、銀、金、および他の原料の採掘からの損害を受けました。」と言った。

ボリビアの最大ソーシャル活動団体「Confederación Sindical Única de Trabajadores Campesinos de Bolivia」のリーダーUndarico Pintoはガーディアンに、
「現行法は、十分強くはありません。」
「産業をより透明にするでしょう。」
「それで、人々は国家と地方、そして、ローカルのレベルで産業を規制できるでしょう。」といった。

この法が、一夜のうちにものを変えないと予想される。

また、2008年の彼らの構成への変化の一部を作成するが、どんな新しい法もその結果作成されていないので、エクアドルは自然へのいくつかの権利を与えた。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。