on-the-time.jp

2011-04-12

ノキアは、40% 近くの人員削減が可能になった!

Cellular-Newsはブルームバーグ・ニュース(Bloomberg News)からの情報として、ノキア(Nokia)のスマートフォンのためにマイクロソフトプラットホームへの変遷で、研究開発部門への人員削減につながって、もうすぐその数が現れると予想されていると報告した。

[AD] You can advertise on this site.

フィンランドで最も大きい民間部門事務員組合Proのアンティ・リンネ(Antti Rinne)はBloomberg Newsに、今月発表で最大6,000の仕事を削減できたと報告している。

ノキアが2010年末にデバイスとサービスのための研究開発で1万6134人を雇ったので、人員削減はフィンランドの会社のグローバルなデバイス研究開発従業員の38%と同等物であるかもしれないと報告している。

ノキアは、その数についてコメントを差し控えた。

ただし、2、3年間シンビアン・プラットホームをサポートし続けると言ったので、その数は時間がたつにつれて、位相を合わせられそうである。

自社開発ではなく、マイクロソフトプラットホームへ代わったことで、研究開発の重荷から解放されたことになった。

ただし、メーカーがOSにこだわるのは不思議だが、その背景にはケニヤで2010年に、偽携帯電話US$3500万を輸入していたという偽ブランド製品の膨大な数があるのかもしれない。

そして、ベトナム工場の新設も関係しているかもしれない。

つまり、アフリカの偽ブランド工場が提携しているのが、中国の携帯電話メーカーであった。

[AD] You can advertise on this site.

Related Dates

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE