2011-04-12

ノキアは、シンビアン・ベースのスマートフォン2種類を発表。

Cellular-Newsは、フィンランドのノキア(Nokia)がシンビアン・ソフトウェア(Symbian software)が開発したOSを採用したスマートフォン「Nokia E6」と「Nokia X7」の2種類を公開したと報告した。

2台のデバイスは、新しいアイコンがあるアップデートされたシンビアンソフトウェアと、改良されたテキスト入力、より速いブラウザや壮快なOvi Mapsなどのユーザービリティ増進を含む最初のノキア・スマートフォンである。

ノキアのスマートフォン・デバイス・ビジネスの代表であるジョウ・ハーロー(Jo Harlow)は、
「私たちはさらに、これらの2台の新しいデバイスがあるそれの両方が、すぐ利用可能になり、より美しくて直感的なユーザー・エクスペリエンスを提供するノキアのスマートフォン・ポートフォリオであるNokia N8、Nokia E7、Nokia C7、Nokia C6-01を強化しています。」と言っている。

ノキアのE71とE72をフォローする「Nokia E6」は、完全なQWERTYキーパッドとタッチスクリーン・ディスプレイがあるビジネススマートフォンである。

「Nokia X7」は、大きい4インチ・ディスプレイと8メガ・ピクセルのカメラを搭載し、エンターテインメントで集中しているスマートフォンである。

また、「Nokia E6」と「Nokia X7」は、シンビアン・ソフトウェア・ユーザー・エクスペリエンスの完全なアップデートを含む最初のスマートフォンになる。

さらに次の数カ月で、「Symbian Anna」と呼ばれている開発コード名「PR2」のソフトウェアアップデートが行われ、Nokia N8、Nokia E7、Nokia C7、Nokia C6-01に標準として利用可能になると言っている。

しかし、Windows Phoneが登場するまでのつなぎ、スマートフォンというイメージが先行するのはしかたがないことかもしれない。