2011-04-12

インドネシアの議員は、ポルノ・スキャンダルの後に辞職。

インドのZee Newsは、論議を呼んだ反ポルノ法案の可決するのに活躍した保守的なインドネシア議員が、議会審議中に議員のパソコンで、ポルノ・ビデオを見ていたことが明らかにされ、辞職したと報告した。

[AD] You can advertise on this site.

このスキャンダルはフォト・ジャーナリストが金曜日に、PKS(Partai Keadilan Sejahtera/Prosperous Justice Party)のメンバーであるアリフィント(Arifinto)が、仲間議員が新しい議会法案を通す計画について討論したとき、数分間ポルノを見ていた写真を撮影した後に、破壊がやってきたと言っている。

その写真は、その後ほぼ毎日、オンラインと新聞の第一面で発表されていた。

FacebookとTwitterでは、見出しと議論を支配して、この件は支配的なイスラム教の国を突き刺した。

ソーシャル・ネットワーキング・サイトで評論家は、議員を辞職して、彼をポルノ法の下で偽善者として起訴されるべきであると叫んでいた。

50歳のアリフィントは、謝罪し、すぐに議員を辞職すると記者会見でレポーターに言っている。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.