on-the-time.jp

2011-04-12

トヨタ、ヨーロッパでの生産をカットバック!

BBC Newsは、トヨタは日本からの部品供給が制限されたままで残っていることから、4月、5月に数日間、ヨーロッパの5つの工場で生産を止めることになっていると報告した。

[AD] You can advertise on this site.

北米での閉鎖を発表した1日後の発表になった。

先月の地震と津波は、北日本のトヨタ部品工場で機械と電力供給を破損した。

このカットバックで、工場があるヨーロッパのイギリス、トルコ、フランス、およびポーランドで影響がある。

トヨタは、「サプライ・チェーンがまだ中断されていなくても、短期的な部品不足は予見できます。」と言った。

まだ5月以降、生産レベルを決めていない。

イギリスのトヨタ工場は、バーナストン(Burnaston)、ダービーシア(Derbyshire)、ディーサイド(Deeside)、フリントシャー(Flintshire)
トルコのトヨタ工場は、アダパザル(Adapazari)、
フランスのトヨタ工場は、バランシェンス(Valenciennes)、
およびポーランドのトヨタ工場は、エルツ-ラスコビス(Jelcz-Laskowice)にある。

そこでの生産は4月21日、22日、25日から25日、5月2日に生産が止まる。

減少している量で生産を再開するが、会社の家内工業は生産を再開した。

日本の工場は、ゴールデン・ウイークの4月27日から5月9日まで生産が止められる。

トヨタは、この機会に米国でのリコールをじっくり見直し、あまりにもみにくい場合は、大決断をすべきときかもしれない。

市場は米国より、これからは中国、中南米やアフリカの方が面白い!

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE