gaYa広告

2011年04月12日

元エジプト大統領ムバラクが心臓発作で緊急入院!

BBC Newsは、エジプト国営メディアが伝えたところによると、不正疑惑と何100人ものデモ参加者殺害について検察官から調査尋問受けているときに、82歳の元エジプト大統領ホズニ・ムバラク(Hosni Mubarak)が心臓発作に冒され、緊急入院して、集中治療中であると報告した。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

ホズニ・ムバラクが打倒されたとき、逃げた休日別荘があるシャルム・エル・シェイク(Sharm el-Sheikh)の病院のマネージャは、ホズニ・ムバラクの状態が「ほとんど安定している」と言っている。

ホズニ・ムバラクの2人の息子アラー(Alaa)とガマル(Gamal)も南シナイ政調(South Sinai governorate)のal-Tor事務所で調査尋問中で、ホズニ・ムバラクもそこで調査尋問中に心臓発作を起こしたと言われている。

国営TVステーションの取材記者アシャラフ・スワイラム(Ashraf Swaylam)は、「患者だけが許容されている混乱の状態。」と報告していた。

別の地元マスコミ・レポートは救急を除いて、病院が休診していたと書かれていた。

ホズニ・ムバラクは、2010年にドイツのハイデルベルグで胆嚢の手術を受け、彼の補佐官はこれを否定していたが、彼が不健康なままでいたというレポートもあった。

BBCの通信員は、元大統領の医師が処理のために彼をドイツに送り返す許可をエジプトの支配的な軍事評議会に求めたが、これが拒否されたと言っている。

ホズニ・ムバラクの息子と彼らの妻に伴って国を出ることが禁止された。
そして、家族の資産は凍結されている。

シャルム・エル・シェイク(Sharm el-Sheikh)のGoogle Earthポインター情報
27°51'35.28"N,34°16'56.64"E
または、
27.859800, 34.282400

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告