on-the-time.jp

2011-04-12

中国が、オーストラリアで起こしたゴールドラッシュ!

BBC Newsは、中国が商品が好況をあおるあなどりがたい飢餓の最新のサインとして、鉄の鉱石と石炭のバイタリティにあふれた源を固定するために、オーストラリアで広大な陸地を賃貸していると報告した。

[AD] You can advertise on this site.

中国はもう、オーストラリアの巨大な炭鉱会社リオ・ティント(Rio Tinto)やBHP Billitonから鉄鉱石と石炭を購入することに満足していない。

中国は自身で採掘作業を開発していて、インド洋に突き出る長さ2kmの防波堤がある港に資金を供給した。

オーストラリアの北西におけるピルバラ地域(Pilbara region)のシティック・パシフィック社の中国鉄鋼プロジェクト(The Citic-Pacific Corporation's Sino Iron project)は北京の野心のスケールを例証した。

最先端の油圧ショベルは海面の下約200mの身銭を切る。

鉱石は、現場の発電所から450MWの動力付きの加工工場で精錬され、鉄鉱石濃縮は特注のコンテナ船の一団で中国に達することになる。

中国は、次の25年間で、中国鉄鋼(Sino Iron)から少なくとも20億トンの鉄鉱石を受けると予想した。

代わりに、ロイヤリティと税金の一定の流れは、オーストラリアに保証される。
既に中国の鉄鉱石の最も大きい海外の供給者になった。

そして、このプロジェクトは、中国の労働ではなく、何千ものオーストラリアの仕事を発生させる。

取引の最も大きい勝者は、中国鉄鉱山をリースした英雄的な企業家クライヴ・パーマー(Clive Palmer)になる。

CITIC Pacific Mining Sino Iron project
Project Location :Western Australia
Project Manager : CITIC Pacific Mining Management Limited
Project Owner : CITIC Pacific Limited
Constructor : See Project details
Construction Period : First production scheduled second half 2010
Project Value : US$3.5 billion
Project Status : Execution

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.