AD SPACE

2011-04-12

民間企業である東京電力は、2兆円の補償に直面!?

BBC Newsは、JPモルガン(JP Morgan)の試算によると、東京電力(Tokyo Electric Power Company /Tepco)は最大US$236億(2兆円)の補償に直面するかもしれないと報告した。

今回、感嘆符+疑問符ではなく、感嘆符だけにしたかった!

[AD] You can advertise on this site.

府が推進していたからと言って、管理能力が欠落していたこと、さらに最高責任者である社長が病気で対策本部にいなかったこと、医師団による診察報告と診断書提示もなかったことなど、非常に民間企業組織として無責任な対応であった。

血圧が高かったことなどを理由にしているが、現在は血圧の治療薬は非常に高度化している。

東京電力は、福島第一原子力発電所で、現場作業者は放射能漏れの危機の中で戦っているが、企業管理責任者が十分な対応をしたとは言えない。

2011年04月12日火曜日に、日本原子力安全・保安院(Japan's Nuclear and Industrial Safety Agency)は、核危機の厳しさをプラント・レベルを7に上げた。

日本政府は、プランその半径20km以内で暮らす人々を避難させた。

発電所は2011年3月11日に日本の大部分を巻き込んだ地震と津波で最も大被害を受けているものの1つであった。

東京電力が、核危機を含む戦いで、シェアは東京証券取引所で価値の75%以上を失って最安値を更新し続け、大損した。

投資家は会社の利益への現在の危機の影響力とそれの補償コストで支払うために持っているかもしれないおよそ何十億ドルも心配している。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.