2011-04-08

史上最大規模になった上海モーターショー!

新華社は、中国上海市で2011年04月21日から28日まで、第14回上海国際自動車工業展覧会(2011上海モーターショー/第十四届上海国际汽车工业展览会)が開催されると報告した。

組織委員会によれば、今回は過去最大規模となり、国内外のメーカーが新車75車種を発表する予定だと発表している。

今回は20カ国・地域から自動車関連の2000社余りが出展し、展示面積は前回より35%大きい23万平mとなる。

中国国内では六大大手グループの第一汽車、上海汽車、東風汽車、長安汽車、広州汽車、北京汽車がいずれも参加する。
このほかにも自主ブランドメーカーを含め、比亜迪(BYD)、華晨、江淮、海馬、東南、力帆、哈飛、衆泰、柳汽、金龍などが出展する予定になっている。

世界からはフォルクスワーゲン(VW)やBMW、メルセデス・ベンツ、トヨタ、ホンダ、日産、ゼネラルモーターズ、フォード、クライスラーなどの有名メーカーが参加する。

モーターショーでは新車の「初披露」の数がそのショーの権威性を象徴すると言われ、今回発表される新車75車種は、海外ブランドから19車種、中国民族系ブランドから56車種で、ドイツのVWは新型ビートルを展示すると言っていると報告した。

中国は美人が多いから、それを見に行くだけでも価値はある!