on-the-time.jp

2011年04月06日

星が宇宙に描いた抽象画。

NASAは、RHO OPH(Rho Ophiuchi/ロー・オピウッチ)は抽象画に似るかもしれないし、抽象画を描く画家のような名前かもしれないが、その色のこのスプラッシュの実態は、忙しく星を形成する複合体である。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

NASAのWISE(Wide-field Infrared Explorer)はこの領域で絵のように美しいイメージを得た。
この領域は地球から最も近い星を形成する複合体の1つである。

この画像で見られた驚くべきバラエティーの色は、赤外光の異なった波長を表している。

画像中央の明るい白い星雲は、いわゆる放出星雲をもたらして、近距離星から暖まるため照り映えている。

全体の画像中で一般的に多彩なガスの大部分は、同じくらいに真実で、ほぼ下部権利で薄青く、お辞儀の形をしている特徴を含んでいる。

下部における明るい赤い領域は、いわゆる反射星雲を作成して、それを囲むほこりから反映されるセンター「シグマ・スコルピー(Sigma Scorpii)」の星からの明かりである。

そして、画像中に点在するはるかに暗い領域は、バックグラウンド・ライトを遮断するクールで、吸収(または、'暗闇')星雲をもたらして、濃いガスのポケットである。

WISEのより長い波長探知器は暗い星雲を通常見ることを可能にするが、これらは例外的に不透明であった。

センターの左に残っている明るいピンクの物体は、赤ちゃん星で、形成し始める原始星である。
それらの多くは、それら自身の小さいコンパクトな星雲でまだおおわれている。
可視光では、これらの赤ちゃん星は彼らを囲む暗い星雲の中に完全に隠されている。

また、この画像で見られているのは、私たちの銀河でいくつかの最も年取った星である。
最初のクラスタ「M80」は画像の極右縁で先端に向かっている。
2番目の「NGC6144」は中央の近くの下縁の近くで見つけられる。
それらの両方が、青い星の小さい密に圧縮されたグループとして現れている。

これらの球状星団は、知られている中で最も年取った星のいくつかを通常抱き、130億年くらい古いいくつかで、宇宙が形成されたすぐ後に誕生した。

-About the Objects-
Name: Rho Ophiuchi Cloud Complex
Type: Nebula > Emission , Reflection, Dark
Distance: ~400 light years (Rho Ophiuchi)
Size: ~14 light years across (Rho Ophiuchi in this image)

-About the Images-
Position of object (J2000): RA = 16h 25m 17s; Dec = -24° 14’ 49”
Constellation: Ophiucus and Scorpius
Field of View: 1.967x1.948 degrees
Orientation: North is 0.12966 degrees left of up
Color Mapping: Blue=3.4 microns; Cyan=4.6 microns; Green=12 microns; Red=22 microns

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告