on-the-time.jp

2011年04月06日

モトローラのネットワーク売却は、中国で暗礁に乗り上げている。

Cellular-Newsは、中国の監視委員会の承認が遅れていることから、モトローラ・ソリューション(Motorola Solutions)のワイヤレス・ネットワーク・ビジネスをNSN(Nokia Siemens Networks/ノキア-シーメンス・ネットワーク)へ売却する件が遅れていると、CEO(最高経営責任者)のグレッグ・ブラウン(Greg Brown)は述べ、第2四半期には完了できるだろうと、2011年04月06日火曜日のダウジョーンズ・ニュースワイヤーとのインタビューで言ったと報告した。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

その原因は、モトローラに提供されたIP権利がNSNに譲渡されるのを止めるための中国のテレコム設備メーカーのフワイ(Huawei)による訴訟で、中国の監視委員会が許可しないことで遅れていることを述べている。

しかし、同時にまた、グレッグ・ブラウンは、中国当局が取引を承認しないと、それがバラバラに壊れると警告した。

彼は、当局が、照会し続けていると言い、それに対してモトローラは、できるだけ早く答えているとも言っている。

さらにグレッグ・ブラウンは、Huawei訴訟で、何が販売への承認を遅らせるという中国監視委員の決定の要素であったかに関してコメントするのを断った。

米国と、ヨーロッパの監視委員は既にトランザクションを承認した。

NSNはすでに、モトローラのワイヤレス・ネットワーク・インフラストラクチャ資産の大部分を買うためにUS$12億を支払っている。

トランザクションの売却が完了するとき、、米国、中国、およびインドの大きい研究開発サイトを含んで、約7,500人の従業員がモトローラのワイヤレス・ネットワーク・インフラストラクチャ・ビジネスからNSNに移すと予想されている。

モトローラはiDENビジネスを維持していて、実質的に、すべての特許がそのワイヤレス・ネットワーク・インフラストラクチャと他の選択された資産に関連した。

形のない、書類上だけのビジネスであるワイヤレス・ネットワーク・インフラストラクチャの売却は、もし承認されなければ、約7,500人の従業員はどうなるのか?

現在のビジネスは、こんなことばかりになった。
すべてが、薄い氷の上でのビジネスで、いつ、何がバラバラに壊れるかわからない。

モトローラのネットワーク売却は、すでに半年以上経っているが結論が出ない。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

この記事に関連する日付

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。