gaYa広告

2011年04月04日

ズールー族の新聞は南アフリカで繁栄!

AFPはEditors Weblogからの情報として、循環と2009年の不況の後に広告市場を衰退させながらほとんどの南アフリカの印刷メディアは戦っているが、ズールー族の言語新聞は栄え、より多くのタイトルが現れて、販売も上昇していると報告した。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

南アフリカは、ズールー族の人達が住む領域は最も敏感な新聞市場で、日刊紙が20と週刊新聞13もある。

大部分が英語だが、人口の8%だけがネイティブな言語で発行されている。

ズールー族は人口の24%の母国語で、クワズル・ナタール(KwaZulu-Natal)の東州で集中している。

ズールー族のプレスは南アフリカで1世紀以上前にクワズル・ナタールで発行された、「Ilanga(太陽)」と「UmAfrica(アフリカ人)」のようなタイトルで伝統がある。

「Isolezwe」は2002年に創刊して、Audit Bureau of Circulationによると、現在、国内で3番目の大衆紙になっている。

デイリー版は昨年10万4320になり、売り上げが3.5%上昇し、日曜版は25%上昇し、7万4916になった。

ズールー族の間でも週刊Ilangaの販売は最後の四半期でジャンプした。

対照的に、南アフリカはほとんどの大衆紙の販売は、「Daily Sun」が昨年1万4276部まで、16%落ちた。

また、「Star」と「Sowetan」のような主要なタイトルは衰退した。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

gaYa広告