2011-04-04

ズールー族の新聞は南アフリカで繁栄!

AFPはEditors Weblogからの情報として、循環と2009年の不況の後に広告市場を衰退させながらほとんどの南アフリカの印刷メディアは戦っているが、ズールー族の言語新聞は栄え、より多くのタイトルが現れて、販売も上昇していると報告した。

南アフリカは、ズールー族の人達が住む領域は最も敏感な新聞市場で、日刊紙が20と週刊新聞13もある。

大部分が英語だが、人口の8%だけがネイティブな言語で発行されている。

ズールー族は人口の24%の母国語で、クワズル・ナタール(KwaZulu-Natal)の東州で集中している。

ズールー族のプレスは南アフリカで1世紀以上前にクワズル・ナタールで発行された、「Ilanga(太陽)」と「UmAfrica(アフリカ人)」のようなタイトルで伝統がある。

「Isolezwe」は2002年に創刊して、Audit Bureau of Circulationによると、現在、国内で3番目の大衆紙になっている。

デイリー版は昨年10万4320になり、売り上げが3.5%上昇し、日曜版は25%上昇し、7万4916になった。

ズールー族の間でも週刊Ilangaの販売は最後の四半期でジャンプした。

対照的に、南アフリカはほとんどの大衆紙の販売は、「Daily Sun」が昨年1万4276部まで、16%落ちた。

また、「Star」と「Sowetan」のような主要なタイトルは衰退した。