on-the-time.jp

2011年04月04日

ズールー族の新聞は南アフリカで繁栄!

AFPはEditors Weblogからの情報として、循環と2009年の不況の後に広告市場を衰退させながらほとんどの南アフリカの印刷メディアは戦っているが、ズールー族の言語新聞は栄え、より多くのタイトルが現れて、販売も上昇していると報告した。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

南アフリカは、ズールー族の人達が住む領域は最も敏感な新聞市場で、日刊紙が20と週刊新聞13もある。

大部分が英語だが、人口の8%だけがネイティブな言語で発行されている。

ズールー族は人口の24%の母国語で、クワズル・ナタール(KwaZulu-Natal)の東州で集中している。

ズールー族のプレスは南アフリカで1世紀以上前にクワズル・ナタールで発行された、「Ilanga(太陽)」と「UmAfrica(アフリカ人)」のようなタイトルで伝統がある。

「Isolezwe」は2002年に創刊して、Audit Bureau of Circulationによると、現在、国内で3番目の大衆紙になっている。

デイリー版は昨年10万4320になり、売り上げが3.5%上昇し、日曜版は25%上昇し、7万4916になった。

ズールー族の間でも週刊Ilangaの販売は最後の四半期でジャンプした。

対照的に、南アフリカはほとんどの大衆紙の販売は、「Daily Sun」が昨年1万4276部まで、16%落ちた。

また、「Star」と「Sowetan」のような主要なタイトルは衰退した。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

gaYa広告