2011年04月04日

EUのオンライン・クッキー法は5月の施行予定!

Deutsche Welleは、クッキー・モンスターが私たちを信じさせるかもしれないことにもかかわらず、すべてのクッキーが何でも食べることができるくらい良いというわけではないと報告した。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

EU(European Union/ヨーロッパ連合)は、すべてのオンライン・ユーザーについて広告主を知らせるために、Webラウザによって集められたデータがプライバシーの違反であるかもしれないことを心配している。

新しいEU指令(EU directive)では、「EU online cookie law」として、Webサイトが2011年5月25日までにすべてのクッキーのために明確な同意を与えることを必要とすることになりそうだと言っている。

しかし、この指示がどう実行されて、励行されるかに関して、締め切りにアプローチしていたままで、多くの問題が残っている。

そう言えば、スパムのときもそうだったが、同意を取るのに詐欺行為も多い。

現在、ほとんどのユーザーがWebブラウザがクッキーをダウンロードするか、そして、どんな情報が集められるか、さらに、どこでそれに発信するかを気づかないように、どのくらいの情報が集められているかは知ることが難しい状況である。

EU委員会のヴィヴィアーヌ・レーディング(Viviane Reding)は、5月25日までには、データ追跡を消費者にとって、より透明で任意に自身の方法を思いつかなければならないと言った。

それ以上に、一旦許可しても、いつでも拒否することに移動できる必要性があるだろう。

スパムの時、許可を受けたと言って、永続的にスパムを配信してきた。

消費者が彼らのオプションにナビゲートするのを助けるために作成されたYourOnlineChoices.comでは、Webサイトに追加するアイコンは開発されたが、まだアイコンを置くか、または公衆を教育するのに責任があるかに関する協定が全くない状態であると言っている。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。