gaYa広告

2011年04月04日

胸の大きすぎる女神は、市庁舎に飾れない?!

AFPは、フランス北部ヌービルアンフェラン(Neuville-en-Ferrain)で、市庁舎に飾られていたフランス共和国を象徴する自由の女神マリアンヌ(Marianne/The Masonic Marianne)の胸像が「胸が大きすぎる」との理由から、市長が撤去命令を出したと報告した。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

このマリアンヌ像は、地元出身の美術家カトリーヌ・ラマック(Catherine Lamacque)が、フランス人モデルのレティシア・カスタ(Laetitia Casta)をイメージして制作したもので、2007年に市が1400ユーロ(約16万8000円)で購入し、市庁舎内に飾られていた。

ジェラール・コルドン(Gerard Cordon)市長は議会を説得し、今年度予算にこの像に代わる「保守的なマリアンヌ像」の購入費900ユーロ(約10万8000円)を計上したと報告している。

市職員が匿名でAFP 記者に語ったところによると、問題の像は「結婚式で引き合いに出されるなど、市民の間でゴシップの種になっていた」と言っている。

困惑しているのが、制作者のラマックで、マリアンヌ像の胸が豊満なのは意図的なデザインで、「フランス共和国の寛容を象徴するため」だと主張している。
「もう何年も市長の目の前にあったものなのに、しかも複数のデザインの中からあれを選んだのは市長自身なんですよ!」
「撤去決定は、あまりにも唐突!」と言っている。
さらに、胸像が壊されないことだけを願っていると言っている。

市職員の中にも、胸像撤去を残念に思っている人もいる。
やはり匿名で取材に応じたある職員は「決定は合意ではなく、市長単独によるものだ」と納得がいかない様子だったと報告している。
ラマックのマリアンヌ像を「独特な個性ある作品」と評価し、「マリアンヌは母性の象徴でもある」と大きな胸への理解を示した。

確かに抱擁力のある女性のイメージは抱胸で、女神マリアンヌはその象徴である。

フランス北部ヌービルアンフェラン(Neuville-en-Ferrain)のGoogle Earthポインター情報
50°44'57.40"N,3° 9'17.49"E
または、
50.749278, 3.154858

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告