2011年04月06日

イタリアの首相ベルルスコーニのセックス裁判、ミラノで開廷!

BBC Newsは、若年売春婦とのセックスで代価を払った容疑で、イタリアの首相シルヴィオ・ベルルスコーニ(Italian Prime Minister Silvio Berlusconi)の公判がミラノで開廷すると報告した。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

また、警察の保護下にあった彼女を釈放させるために、介入したことで権力乱用として、別途ベルルスコーニ首相は告発されている。

彼は、すべての犯罪行為も否定して、起訴が政治的に動機づけられていると言っている。

もし有罪になると、刑務所で最大15年に直面することになるが、ベルルスコーニ首相は最初の裁判には出廷しない。

しかし、度重なる遅延と提訴があらゆる段階にある状態で、ほとんどの観察者が長い裁判になると予想している。

なにしろ、全宇宙史で、もっとも多く被告になった政治家のベルルスコーニ首相である。
現在、4件の裁判が進行中で、50以上の裁判で被告であった。

また、ベルルスコーニ首相は、今回のようなセックス・スキャンダルになったような行為は止めないと宣言している、

ミラノのGoogle Earthポインター情報
45°27'47.93"N,9°11'18.39"E
または、
45.463314, 9.188442

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト