on-the-time.jp

2011年04月04日

中国で、モバイル・ユーザーの半数以上がモバイル・バンキングを利用!

モバイル・マネー

Cellular-Newsは、中国の新聞People's Daily(人民日報)が3G.cnからの情報として、中国人のモバイル・インターネット・ユーザーが2010年7月に37%がモバイル・バンキングを利用していたが、中年の携帯電話インターネット・ユーザーが徐々にクライアントのプライマリグループになって、2011年2月にはそれが半数以上の52%以上になったと書いていると報告した。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

また、モバイル・バンキング業クライアントの平均した個人所得も2010年7月に平均より高かったと報告している。

すでに中国では単純なモバイルペンイメントを通過している。

最も人気があるモバイル・バンキング業務(流动电话银行服务)で、学生のクライアントは、勘定を支払うのにモバイル・バンキング業務を使用するのを好んでいた。
また、政府の各省の国有会社スタッフは、お金を振り込むのを好んでいた。

そして、民間企業の所有者と同様に外国、そして中型民間会社ののハイレベルの幹部社員は、オンライン・クレジット・カードサービスを利用するのを好んでいた。

異なったモバイルペンイメント方法に関して、応答者の56%以上は、WAPページで支払うのを好み、そして、44%以上は電話を通したペイメントをアプリケーションでするのを選んでいた。

17%以上は、携帯電話を強打することによってペイメントを利用しなかった。
そして、およそ16%は、3つのメソッドをすべて許容できることが判った。

ユーザーは、支払いをするのに携帯電話を使用するときだけ、はした金を費やす傾向があった。

約半分は、500元未満の支払いをモバイルペンイメントで済ませ、応答者の70%以上は、最大1,000元を費やしたことがあった。

ユーザーの10%以上はモバイルペンイメントで1万元以上に使用した。

このレポートでの統計は、31の領域で、2万人以上のモバイル・バンキング・ユーザのアンケート調査に基づいていた。

ここまで来ると、次はイギリスですでに始まっているモバイル投資信託になることだろう。

つまり、モバイル・ユーザーが、携帯電話でお金が稼げる環境に流れることだろう。

最終目的をモバイルペンイメントにして、既存のクレジット・カード会社を経由させる時代は、米国だけで、その技術が最高だと考えていると、携帯電話事業者、明帯電話メーカーは大失敗する。

この時点で日本はすでに、中国に追い抜かれている。

Cellular-Newsは2010年09月27日に、個人の資産運用の「静かな革命(quiet revolution)」は、イギリスの人々がスマートフォン・アプリケーションの上昇で動かされ、彼らのお金を管理するために彼らの携帯電話に変わることが明らかになっていると報告した。
「いつでも、どこでも」という最新の安全なモバイル技術の便利さが、何人かの人々が2日間毎にモバイルを通して銀行残高をチェックするよう奨励している状態で、300万人以上のイギリス人が、現在、彼らの携帯電話の上で彼らのお金を管理しているといっている。
これは、彼らが移動するときに、忙しい生活を反映するサービスとして開発するとき、モバイルが現在の銀行で何人かの顧客と共に持っている中で、最も頻繁な相互作用であることを意味した。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

この記事に関連する日付

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。