2011年03月14日

水道水に含まれる鉛について、情報の混乱を起こした原因と対応。

米国のGAO(General Accounting Office/米国政府監査機関)は、CDCによる国民の健康コミュニケーション調査レポートの内容について調査した「Lead In Tap Water: CDC Public Health Communications Need Improvement」を公開した。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

CDC(Centers for Disease Control and Prevention/疾病対策センター)は2004年2月に、ワシントンDC(Washington, D.C.)の居住者が使用する水道水で、高い鉛レベルを調査し評価するように依頼された。

CDCは2004年4月に、その調査結果を発表した。

しかし、分析の制限の不正確な発表内容と不完全な記述はCDCの意図しているメッセージに関して、ごたついて結果として問題が発生した。

何が問題なのかについて、
(1) 水道水における高いBLL(blood lead levels/鉛レベルの血液作用)に関して、子供に与える影響の結果をはっきりさせて、現在の知識を伝えるCDCの活動。

(2) CDCの国民の健康コミュニケーションにおける、情報の明快を改良するための手順への変化。について、GAOが調査するように依頼された。

GAOは、その調査方法として、CDCコミュニケーション政策と手順を再検討し、CDCの職員にインタビューした。

CDCの職員は、政府機関が国民の健康刊行物で使用をモニターする政策を持ってもいなかったし、情報をはっきりさせなかったが、ワシントンDCの水道水で高い鉛レベルに関する2004年のMMWRt(Morbidity and Mortality Weekly Report )記事と関連していることで、混乱を記述するために行動を取ったとGAOに言った。

2008年の例として、CDCの職員に連絡されたDistrict of Columbia Water and Sewer Authority(コロンビア特別区水の権威職員)によって不当に発行されたデータ表に関して、発表を修正するように要求するのに、2004年のMMWR記事からの情報を特徴付けた。

また、2010年6月25日のように、2010MMWRの記事が混乱をはっきりさせるつもりで、どう2004年の記事の情報を使用したかに関して、制限について議論した記事をCDCでは添加した。

CDCは、水道水における高い鉛レベルの効果に関して混乱をはっきりさせるために、2011年1月付けでこれらの行動を特に取ったが、CDCには、子供で水道水における高い鉛レベルのBLLsでの影響に関する、2004年のMMWR記事を囲む問題のCDCの内部の付随している分析で示されるような、現在の知識の概観を発行する計画が全くなかった。

CDCの職員は、鉛中毒防止プログラムに責任があるセンターとして、National Center for Environmental Healthで、CDCの国民の健康コミュニケーションのアクセシビリティと明快を確実にするのを助けるように設計されたイニシアチブを始めて、手順を改訂したとGAOに言った。

例えば、CDCは新しいイニシアチブで、ガイドラインや推薦を発行するという情報を確実にして、CDCのWebサイトで一般的な入り口によって容易にアクセス可能にして、助けるために既存の手順を改訂した。

イニシアチブと改訂された手順がCDCの情報によりアクセスしやすくすることと、そして、CDCコミュニケーションでの誤りか不明瞭な声明を防ぐことに集中している間、それらは、2004年のMMWR記事で現れた情報が発表された後に、起こるかもしれない混乱を記述する動作を含んでいなかった。

公表の後に、混乱について明確な処置を取らない場合、時に記述する政府機関手順がなければ、CDCが政府機関でどのように無節操な応答の危険を冒すかについて、公表済みの情報をCDCが意図していると解釈した。

国民の健康を促進するCDCの任務は、正確で、信頼できて、タイムリーな情報を提示する際に真実性を当てにする。

水道水の中で鉛レベルの健康への影響に関する政府機関の現在の知識を伝えて、タイムリーで、一貫した方法でそれが混乱を記述できる手順を開発することは、公衆の水における鉛の効果の理解を改良して、CDCが他の状況における、混乱の危険を緩和して、真実性を保護するのを助けるかもしれない。

そこで、GAOは、
(1) 鉛汚染の源として水道水の包括的な概観を提供して、子供への潜在的健康への影響を伝える記事を発表する。
(2) 情報が発表された後に、記述するためにどんな混乱も起こらない手順を開発する。
という2つの推薦状をCDCに提出した。

つまり、情報の管理があいまいであると、国民の不安を煽り、混乱を起こすことから、政府機関はそれらの認識を大切にし、明確な情報を提供する義務があるという、当たり前のことが意外と忘れられて、それらの手落ちが情報パニックを煽ることになる。

とくに利用しやすい衝撃的な水道水に混入した鉛という不安なレポートほど、その利用方法で、混乱の原因になった。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。