2011-04-03

カダフイの使節アブデラティ・オベイディがギリシャに到着!

BBC Newsは、要塞化しているムアマル・カダフイ(Muammar Gaddafi)の政府からの使節として、アブデラティ・オベイディ副外務大臣(Deputy Foreign Minister Abdelati Obeidi)が見かけの平和使節として、ギリシャに到着したと報告した。

[AD] You can advertise on this site.

この訪問に関するリビアのコメントは一切無いが、ギリシアの情報筋は、現在のリビアの危機に対し、政治的解決を見つけることが目的とされたと言った。

ギリシア当局は、ギリシアの首都アテネへのアブデラティ・オベイディ副外務大臣の到着が亡命でないことを明らかにした。

アブデラティ・オベイディ副外務大臣は、リビアから出発できず、チュニジアのジェルバ(Djerba, Tunisia)から飛び立ち、ギリシャにやってきた。

ムサ・クサ外務大臣(Foreign Minister Moussa Koussa)が先週亡命して以来、上級リビアの当局の動きは密接にモニターされている。

アブデラティ・オベイディ副外務大臣は、チュニジアのジェルバまでムサ・クサ外務大臣と同伴していたが、AFP通信社レポートによれば、ムサ・クサ外務大臣はロンドンに飛び、アブデラティ・オベイディ副外務大臣は、リビアに戻った。

ギリシアの首相ジョージ・パパンドレウ(Greek Prime Minister George Papandreou)は、イギリス、トルコ、カタール、およびリビアの首相との会話を保持した電話外交の後にアブデラティ・オベイディ副外務大臣に会うのに同意した。

ギリシアの情報筋は、「政治的解決が唯一の方策です。」「リビアのメッセージを受け取るために、私たちはここにいます。」と言っている。

BBCのマルコム・ブラバンのレポートによれば、ギリシアが可能な平和ブローカーとしてリビアによって特定されたことは、驚くほどではないと言っている。

ギリシアの首相ジョージ・パパンドレウは、およそ1年前にリビアの首都トリポリに飛んだとき、ムアマル・カダフイ大佐に会って、ギリシアの経済恐慌の間、財政援助のあいまいな約束を請求した。

一匹おおかみの元ギリシアの首相で、ジョージ・パパンドレウ首相の亡父親アンドレアス・パパンドレウ(Andreas Papandreou)よってアテネとトリポリとの良い関係が確立された。

アンドレアス・パパンドレウ元首相は、ムアマル・カダフイが米国政府によってのけ者と見なされた時代に、抱擁することによって、西洋を無視した。

3つのギリシアの軍事基地は、リビアの飛行禁止区域操作を支持するのに使用されているが、アテネは対話のために開いている潜在的裏ルートを保ちたがっているので、関連キャンペーンにおける不快な役割を果たしていないと強調することを切望している。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE