2011-04-04

オーストラリアのダブル・パンチ天災被害、オーストラリア$90億。

BBC Newsは、オーストラリアの国家財政委員会部によると、オーストラリアを襲ったダブル・パンチ天災被害額が、オーストラリア$90億になると言ったと報告した。

オーストラリアのクイーンズランドとビクトリア州は、1月、2月に洪水と低気圧に見舞われた。

当初予測したオーストラリア$56億よりかなり増加した。

会計係ウェイン・スワン(Wayne Swan)は、最も大きい衝撃は、農業部門に感じられ、最も大きい被害は、約5分の1の石炭産業にあった。

ウェイン・スワンは、「以前に見積もられていたオーストラリア$10億よりさらに、オーストラリア$60億を無くなっている石炭生産に費やした。」
「作物への損害がオーストラリア$20億、観光産業への活動の損失がオーストラリア$24億に達すると予想されます。」と言っている。

オーストラリアの好況は主に商品セクターの成功によって動かされた。
新興経済からのリソースを求める増えている需要は、近年オーストラリアの経済の拡大を支えた。

洪水と低気圧がオーストラリアの豊かな州を見舞ったので、経済全般への影響は重要である傾向があった。

また、2011年3月11日に日本を見舞った地震と津波でピンチを感じている。

日本はオーストラリアの2番目に大きい貿易相手国で、オーストラリアは2009-10に商品の15%を日本に輸出した。

最も大きいセクターは鉄鉱石と石炭で、それらの商品の27%を日本に出荷した。

日本のいくつかの最も大きいメーカーの生産が止められるか、または中断している状態で、地震と津波は日本の産業に打撃を与えした。

その結果、原料の要求は中期に低下しそうである。

財務省は、これをオーストラリアとの貿易の価値で、損失をオーストラリア$20億をもたらしそうであると言った。

この損失は、地震、津波という天災と、東京電力による人災である。

Related Dates