gaYa広告

2011年04月03日

メキシコの麻薬戦争で、数千人が行方不明!

BBC Newsは、メキシコの人権機関CNDH(Comisión Nacional de los Derechos Humanos/Mexico's human rights commission/メキシコの人権コミッション)は、2006年以来何千人もの人々がメキシコで行方不明になっていると言ったと報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

CNDHは、フェリペ・カルデロン大統領(President Felipe Calderon)が宣戦布告を麻薬カルテルにして以来5,397人が行方不明になっていると報告されていたと言った。

国連の研究調査は、保安部隊が何人か行方不明になったが、それらは役を務めたのかもしれないと示唆した。

フェリペ・カルデロン大統領は、カルテルに対する戦争の一部として5万の軍を配備した。

CNDHは、親類と国の一機関によって提供されたデータを校合して、「行方不明になっているか、または休むと報告された」ものをすべて、含んでいた。

コミッションは、行方不明になった3,457人が男性で、1,885人が女性であると言い、残りの55人のケースに関するデータが全くなかったと言っている。

CNDHは、行方不明になっている背景の理由を調査していたと言って、その図式が身代金と経済移住者のために居場所が未知であったメキシコと中米から誘拐されたものを入れたと述べた。

国連人権委員会強制的失踪作業部会(United Nations Working Group on Enforced or Involuntary Disappearances)は、メキシコ軍によって行われるとされている数個のケースの強制的失踪のレポートを受け取ったと言ったちょうど何日も後に、この数字は発表された。

国連グループは、麻薬操作に軍隊を使用するのを止めるようメキシコ政府に促した。

カルデロン大統領が就任して以来3万4000人以上が殺され、国の麻薬カルテルによって犯された暴力を制限するための取り組みで軍隊を配備した。

国連グループの意見はもっともだが、麻薬組織に対抗するには、軍隊でないと対応できなくなっているメキシコ政府の方が、現実的対応かもしれない。

国連が言うことを実現する唯一の方法は、米国が麻薬の使用を完全に終わらせ、麻薬の価値を無くすことである。

それができなければ、国連グループの意見は詭弁かもしれない。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。