gaYa広告

2011年04月03日

メキシコの麻薬戦争で、数千人が行方不明!

BBC Newsは、メキシコの人権機関CNDH(Comisión Nacional de los Derechos Humanos/Mexico's human rights commission/メキシコの人権コミッション)は、2006年以来何千人もの人々がメキシコで行方不明になっていると言ったと報告した。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

CNDHは、フェリペ・カルデロン大統領(President Felipe Calderon)が宣戦布告を麻薬カルテルにして以来5,397人が行方不明になっていると報告されていたと言った。

国連の研究調査は、保安部隊が何人か行方不明になったが、それらは役を務めたのかもしれないと示唆した。

フェリペ・カルデロン大統領は、カルテルに対する戦争の一部として5万の軍を配備した。

CNDHは、親類と国の一機関によって提供されたデータを校合して、「行方不明になっているか、または休むと報告された」ものをすべて、含んでいた。

コミッションは、行方不明になった3,457人が男性で、1,885人が女性であると言い、残りの55人のケースに関するデータが全くなかったと言っている。

CNDHは、行方不明になっている背景の理由を調査していたと言って、その図式が身代金と経済移住者のために居場所が未知であったメキシコと中米から誘拐されたものを入れたと述べた。

国連人権委員会強制的失踪作業部会(United Nations Working Group on Enforced or Involuntary Disappearances)は、メキシコ軍によって行われるとされている数個のケースの強制的失踪のレポートを受け取ったと言ったちょうど何日も後に、この数字は発表された。

国連グループは、麻薬操作に軍隊を使用するのを止めるようメキシコ政府に促した。

カルデロン大統領が就任して以来3万4000人以上が殺され、国の麻薬カルテルによって犯された暴力を制限するための取り組みで軍隊を配備した。

国連グループの意見はもっともだが、麻薬組織に対抗するには、軍隊でないと対応できなくなっているメキシコ政府の方が、現実的対応かもしれない。

国連が言うことを実現する唯一の方法は、米国が麻薬の使用を完全に終わらせ、麻薬の価値を無くすことである。

それができなければ、国連グループの意見は詭弁かもしれない。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。