AD SPACE

2011-03-30

高度成層圏に送られたWindows Phone 7スマートフォン。

Cellular-Newsは、イギリスのサウサンプトン大学(University of Southampton)の工学科学者が無人車で使用することを目的に、新技術を成層圏で調べるために、初めて雲の上まで達したと報告した。

[AD] You can advertise on this site.

テスト飛行は、ASTRA(Atmospheric Science Through Robotic Aircraft/アストラ)プロジェクトの一部で、どう安価に高度プラットフォームを使用できるかを示した。

気球から生まれた航空機は、GSM携帯電話ネットワークを通して、クラウドコンピューティング'のパワーを利用し、オン・デマンド・コンピューティング、ストレージ・リソースに使用された。

大学に籍を置く科学者は、車載データ記録とペイロード追跡のWindows Phone 7アプリケーションを開発するためにマイクロソフトと大学スピンアウト会社のSegozで働いていた。

1時間の飛行に、車載データロガーとして役立たれるWindows Phone 7オペレーティング・システムを動かして、電話の間コミュニケーションをリレーして、ツールを追跡した。

電話は絶え間なく着陸地点予測をアップデートするように設計され、Windows Azureで組立てられたクラウド・アプリケーションにデータをストリーミングした。

地面ベースの電話で動く装置が、高さ7万フィート以上で、安全な回復を可能にして、'追跡者モード'を持っていたので、アストラチームは飛行の間、ペイロードを追跡できた。

サウサンプトン大学レクチャーで、エンジニアリング調査フェローのロイヤル・アカデミー(University Of Southampton Lecturer and a Royal Academy of Engineering Research Fellow)であるアンドレアス・セベスター博士(Dr András Sóbester)は、
「私たちは、手頃な技術を使用して、これが上層の大気がどう地球の気候に影響するかへの新たな知見を与える重要なデータを集めるめったにないチャンスと環境を構成するのに興奮しています。」と言っている。

サウサンプトン大学のハイパフォーマンス・コンピューティング・マイクロソフト研究所(University of Southampton's Microsoft Institute of High Performance Computing)に所属するスティーブン・ジョンストン博士(Dr Steven Johnston)は、
「私たちのソフトウェア・ソリューションは、私たちがリアルタイムで集めているデータを分析するために強力なクラウド・コンピューティング・リソースでWindows電話7モバイル・コンピューティングと連結します。」と言った。

飛行は成層圏の中までペイロードを圏界面の深くまで運び、温度は-50C未満まで下がった。

大学のエンジニアリング・デザインとマヌファクチャ・センターで、コンピュータ制御レーザー光線切断機を使用することで製造されたハイグレードな泡梱包材で携帯電話と設備は保護された。

この実験により、極端な環境条件における、車載エレクトロニクスの信頼できる操作を確実にした。

[AD] You can advertise on this site.

Related Dates

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE