on-the-time.jp

2011年03月21日

AT&TのT-Mobile買収で、ボーダフォン株が急騰!

Cellular-Newsは、ブルームバーグ・ニュース(Bloomberg News)からの情報として、AT&TがT-Mobileを買収するというニュースに続いて、イギリスのボーダフォン株(Vodafone shares)がロンドン証券取引所(London stock exchange)で値ではね上げたと報告した。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

その原因は、ボーダフォンが米国で高価な略奪を試みるだろうという「リスク」を減少さたことであった。

これに似たことは、2004年に、AT&Tを買い戻す試みなど中止したときにも起こっている。

米国市場でT-Mobileの買収は、Sanford C BernsteinのRobin Bienenstockを含んだアナリストによると、「事実上の複占(a de facto duopoly)」に市場を変えたということになったとブルームバーグ・ニュースに話している。

Investec Securitiesのアナリストであるモーテン・シングルトン(Morten Singleton)はBloomberg Newsに、ボーダフォンの株式45%を所有しているベライゾン・ワイヤレス(Verizon Wireless)は「統合のときの焦点で、主要な米国の競争相手を試合に出場できなくする。」ことで利益を得ることになったと言っている。

共有されたボーダフォンは、前場から5.3%アップした。

また、ドイツ・テレコム(Deutsche Telekom)は、米国子会社の販売に関するニュースで、ドイツの市場で株式が13%はね上がった。

ドイツ・テレコムの重荷が解消されるので、こちらの株式上昇は単純で、ドイツ・テレコムにとって、T-Mobile USがどれほど重荷だったかまで理解できる。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト