on-the-time.jp

2011年03月21日

AT&T、ライバルのT-Mobile USAを買収!

BBC Newsは、AT&Tが、以前から売り先を探していると噂になっていたドイツ・テレコム(Deutsche Telekom)の米国子会社で、AT&TのライバルでもあったT-Mobile USAをUS$390億で買収すると言ったと報告した。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この取引は、現在ベライゾン・ワイヤレス(Verizon Wireless)に次ぐ、2番目の携帯電話会社AT&Tに、約43%のシェアを与えることになり、米国で最大携帯電話会社になる。

AT&TとT-Mobileは、ニューヨークの地下鉄で契約していることから、ニューヨークの地下鉄はAT&Tが独占することになる。

また、AT&TとT-Mobile USAが、Roamwareの特許違反で起訴されているので、これも一括処理できる。

mocoNewsは2010年02月04日に、WSJからの情報としてドイツ・テレコム(Deutsche Telekom)の子会社で、米国で4番目に大きな携帯電話事業者であるT-Mobile USAが、米国市場から完全撤退するかもしれないと報告していた。

T-Mobile USAは2009年に3Gネットワーク拡大時期に失敗し、多くの顧客を逃がしたことがある。

ただし、ブルームバーグ(Bloomberg News)は2009年09月23日に、ドイツ・テレコム(Deutsche Telekom)が米国を拠点とするスプリントネクステル(Sprint Nextel)社を買収するための入札を熟考していると噂され、それを実現できなかった時点で、身売りを考慮し始めていた。

今回の買収により、iPhoneを含んで、T-Mobile USAの顧客は、AT&Tのラインアップに近づく手段を得ることにもなる。

ただし、この取引は監視委員会から許可が必要になる。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告