gaYa広告

2011年03月14日

ドイツのメルケル首相、福島原発事故を受け、国内原発の稼働延長を凍結。

AFPは、日本で大規模な原発災害が発生したことを受け、ドイツのベルリン(Berlin)やシュツットガルト(Stuttgart)、デュッセルドルフ(Duesseldorf)など各地で、反原発デモが行われ、ドイツのアンゲラ・メルケル(Angela Merkel)首相は、原発の稼働年数を2030年代半ばまで延長する計画を3か月間凍結すると発表したと報告した。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この発表により、1970年代半ばから稼働していた原発の閉鎖を意味することになると言われている。

メルケル首相はベルリン(Berlin)で会見し、「日本で起こった出来事は、これまで絶対ないと考えられてきたリスクが絶対ないとは言えないという事実を教えてくれている。たんにこれまで通り、このまま進めることはできない」と述べた。

メルケル首相は2011年03月15日、関係閣僚と原発がある州の首相らとドイツの原子力政策をめぐる協議を行うことにした。

ドイツ南西部シュツットガルト(Stuttgart)近郊のネッカーヴェストハイム1号機(Neckarwestheim 1)は、2010年に、メルケル首相が世論の反対を押し切って稼働年数を延長していなければすでに閉鎖されていたはずだった。
他にもフランクフルト(Frankfurt)南部のビブリスA号機(Biblis A)やバイエルン(Bavaria)州のイザール1号機(Isar I)なども直ちに閉鎖される可能性がある。

ドイツでは、ゲアハルト・シュレーダー(Gerhard Schroeder)前政権が2002年に、国内に17ある原発の運転を2020年までに停止する脱原発法を制定した。
だが2009年に再選されたメルケル首相は2010年に、原発の稼働年数を延長する決定を下した。
その理由については、「グリーン・テクノロジーは原子力エネルギー廃止の穴埋めをできるほど発達していない」と説明していた。

環境意識の高いドイツでは、放射性廃棄物の持ち込みに対し、抗議デモが頻発するなど、核エネルギーに対する反発は根強い。
原発の稼働年数延長についても、各種世論調査では有権者の大多数が反対している。
稼働年数の延長は、環境よりはエネルギー会社の利益を優先したものだとの意見も多い。

ドイツの公共テレビ局ARDが909人を対象に実施し、2011年03月15日に発表した調査では、回答者の53%がすべての原発を迅速に閉鎖させるべきだと回答した。
また、回答者の70%が、日本で起きた事故と同様の事故がドイツでも起こりえると考え、80%がメルケル首相に稼働年数延長の撤回を求めたと報告している。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。