2011年03月14日

Facebookが、Grouponのような取引サービスをテスト。

モバイル・マネー

CNET Newsは、Facebookがメンバーに対し、一日当たりの取引の巨大なGrouponとの直接競争に参入するため、ローカルの割り引きサービスのテストを開始したと報告した。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

サービスは、ダラス、オースチン、アトランタ、サンフランシスコ、およびサンディエゴでテストされ、ソーシャル・ネットワーキング巨人の販売プログラムについて詳述すると言っている。

彼らがローカルのビジネスでチェックインするのにFacebook Placesを使用するとき、販売プログラムは、メンバーへの割引取引をユーザーに提供する。

メンバーは、ネットワークのフレンドと購入取引を共有できる。

Facebookは、パートナーと共に働くことと同様に、自身の販売チームを通して取引を販売することを計画している。

コンサルティング会社のBIA/ケルシーからによると、5億人のメンバーと共に、Facebookは取引市場での支配のための挑戦として、かなり大きいユーザー・ベースを持って来ると予測している。
市場は2010昨年に、収入でUS$8億7300万あり、2015年までにUS$39億3000万に成長すると予測している。

Grouponは半値マッサージ、割り引かれたレストランでの食事で流星のような成長をしている。

シカゴベースのGrouponは今年株式公開をして体力を強化すると、2年後にビジネスで6000万人のユーザーと3900万以上の取引を販売すると予想されている。

実は、Grouponには弱点がある。
それは、Grouponがまだモバイル・マネーの活用法ができていない。

Facebookがその両方を交錯してサービスを構築すると、クレジット・カード会社より大きくなる。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

この記事に関連する日付

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告