2011-03-14

Facebookが、Grouponのような取引サービスをテスト。

モバイル・マネー

CNET Newsは、Facebookがメンバーに対し、一日当たりの取引の巨大なGrouponとの直接競争に参入するため、ローカルの割り引きサービスのテストを開始したと報告した。

[AD] You can advertise on this site.

サービスは、ダラス、オースチン、アトランタ、サンフランシスコ、およびサンディエゴでテストされ、ソーシャル・ネットワーキング巨人の販売プログラムについて詳述すると言っている。

彼らがローカルのビジネスでチェックインするのにFacebook Placesを使用するとき、販売プログラムは、メンバーへの割引取引をユーザーに提供する。

メンバーは、ネットワークのフレンドと購入取引を共有できる。

Facebookは、パートナーと共に働くことと同様に、自身の販売チームを通して取引を販売することを計画している。

コンサルティング会社のBIA/ケルシーからによると、5億人のメンバーと共に、Facebookは取引市場での支配のための挑戦として、かなり大きいユーザー・ベースを持って来ると予測している。
市場は2010昨年に、収入でUS$8億7300万あり、2015年までにUS$39億3000万に成長すると予測している。

Grouponは半値マッサージ、割り引かれたレストランでの食事で流星のような成長をしている。

シカゴベースのGrouponは今年株式公開をして体力を強化すると、2年後にビジネスで6000万人のユーザーと3900万以上の取引を販売すると予想されている。

実は、Grouponには弱点がある。
それは、Grouponがまだモバイル・マネーの活用法ができていない。

Facebookがその両方を交錯してサービスを構築すると、クレジット・カード会社より大きくなる。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.