on-the-time.jp

2011年03月14日

イランのサイバー・アーミーがいう「ターゲット敵サイト」

オランダのMedia Networkが、AFPからの情報として、イランの公式IRNA通信社が2011年03月14日月曜日に、イランはオンラインでの攻撃に対抗して、「敵Webサイト(enemy websites)」を降ろすのにイスラム教徒ボランティア民兵(Islamist volunteer militias)ランクのサイバー・アーミー(Iran cyber army)を解き放ったと報告した。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

イスラム教徒ボランティア民兵「バシジ(Basij)」の副長アリ・ファズリ(Ali Fazli)はIRNAに、
「私たちがWebの敵から攻撃されているとき、バシジの教師、学生、および聖職者を含む電子訓練されたイラン人の軍事専門家が、敵のサイトを攻撃しています。」と言っている。

テヘランがサイバー戦と大規模ハッキングに従事していたという承認は、外国Webサイトに対して着手された攻撃のタイプ、これらのサイトの本質に関するどんな詳細も明らかにしなかった。

超保守的なサイトは、サイバー攻撃がイランから、ボイス・オブ・アメリカ(Voice of America)現代ペルシア語版と、現代ペルシア語で放送するオランダ政府によって資金を供給されたRadio ZamanehとTwitterに開始したと、ここ数週間に報告した。

イラン最高安全保障委員会(Iran's Supreme National Security Council)の総書記サイード・ジャリリ(Saeed Jalili)は、より早く「イランの敵」がイラン政府を動揺させるために「874のウェブサイト」のクリエイターに資金を供給したと言った。

彼が参照したウェブサイトは2009年6月のマフムード・アフマディネジャド大統領(President Mahmoud Ahmadinejad)の再選を争う反対主導のデモンストレーションと並んで現れたと報告している。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。