gaYa広告

2011年03月14日

レポート「報道を変えるインターネットの利用法」

Google NewsはAP通信からの情報として、the Project for Excellence in Journalismが2011年03月14日月曜日に発表したアニュアル・レポート「The State of the News Media 2011」を紹介し、スマートフォンと電子タブレットの急速な成長は、ニュースを探している消費者のためにインターネットを選択の目的地にしていいると言ったと報告した。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

プレスの性能を評価して、研究する研究組織the Project for Excellence in Journalismによると、ローカル、ネットワーク、ケーブルテレビニュース、新聞、ラジオ、および雑誌は、すべて2010年に聴衆を失った。

オンライン・ニュースの消費は、その前の年から17%増えたと、年1回の報告を開始して8回目に言っている。

1週間に少なくとも3回ニュースをオンラインで読むという人の割合は、初めて新聞を超えた。

プロジェクト・ディレクターのトム・ローゼンスティール(Tom Rosenstiel)は、最も人気があるニュースプラットホームとして、ローカル・テレビ・ニュース以外に、他に引けを取らない、バランスをとっているように感じたと言っている。

1960年代以来ローカルTVニュースは最も人気がある形式で、その時、成長は夕刊の消滅に主に原因となりったと、彼は言った。

彼は、人々がただ彼らのポケットで利用可能な携帯電話か、わずかなタブレットで、インターネットを持つのに慣れるようになっていると言った。

とくに最近、新聞社や出版社ではない業界が、ソーシャル・ニュースを発行し、全く新しいニュースのあり方を提案し、急激に受け入れられていることに注目したい。

また、メディアもジャーナリズムも変化していくが、いくつかのメディアは消えて、それと同時にいくつかのジャーナリズム手法も消えていき、そして新しいメディアとジャーナリズム手法が誕生するという自然の新陳代謝が起こっていると言うことである。

つまり、古い考えに固執することができない時代になった。
しかし、それはあまりにも自然の流れであって、固執することの方が不自然と言うことである。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。