on-the-time.jp

2011年03月14日

日本の経済は、この地震で短期的な痛みの後、リバウンドする!

BBC Newsは、「Japan quake: Economy 'to rebound' after short-term pain」を公開し、アナリストは、金曜日の地震と津波は日本の経済の部分が「凍っ」て、それが今年回復すると予測した。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

世界の最も大きい自動車メーカー、トヨタを含む一流製造国の何社かがプラントのすべてを閉じた。

野村證券のアナリストは、生産のその損失がこの四半期と次の間、経済をへこませると予想した。

しかし、彼らは、成長が第3四半期に戻ると示唆した。

エネルギー供給産業を専門にするNUS Consultingのリチャード・ソールタニアン(Richard Soultanian)は、
「事実上、この災害は世界で3番目に大きい経済を一時凍らせました。」と言っている。

世界で3番目にでかい日本経済は、2011年の第2四半期に成長に戻るために昨年末縮まって、期待していた。

野村證券のアナリストTakahide KiuchiとOkazaki Koheiは、
「私たちは、現在、日本経済が、地震と津波による現在の景気の踊り場を出ると予想したより長くかかると予想します。」と言った。

コロンビア大学の政治経済学の教授シャロン・オハローラン(Sharon O'Halloran)は、
「疑問は以下の通りです」グローバルな大手自動車会社による予想される、影響を受ける最悪の中で、「これが、デフレスパイラルから最終的に押して、彼らが順調に自分達の経済を取り戻すのを許容し、またはそれらをより深く押し下げることができるか?」と言うことです、と言っている。

野村證券は、トヨタ、ホンダ、および日産の一年の営業利益が今年3%から8%へこむと示唆した。

BBC World Business Reportとのインタビューで、日産の生産のヘッドであるアンディ・パーマー(Andy Palmer)は、
「私たちは今日付けで生産を止めました。」
「また、私たちの単なる工場だけではなく、何人かの供給者です。」
「私たちの何人かの供給者が、原子力発電所の周りの進入禁止水域にさえあります。」
「生産がいつ再開されるかを予測できると、自動車メーカーのいずれも感じられません。」と言っている。

また、エレクトロニクス産業もひどく打撃を受けると予想され、ゴールドマン・サックスによるレポートには、「極端な損害」が近いうちにエレクトロニクス産業サプライ・チェーンにあると書かれている。

ソニーは、8つのプラントで生産を中断させて、いつ生産が再開できるか確かでないと言った。
また、半導体と原子炉を含ん製品を開発している東芝は、北日本でいつチップ工場を再開できるかを知らなかったと言った。

しかし、エコノミストは、災害が経済成長を上げることができると言った。
再建の努力は工事支出における巨大なブームになる。

多くの日本のビル会社の株式は保険会社によって一部資金を供給され、それらの道の上に立つ仕事の予期で既に急激に得せられている。

日本経済がどう最新の地震と津波に反応するかに関して、アナリストは1995年の阪神淡路大震災を手がかりにした。

神戸の地震に続く再建が、US$1000億かかった。
そのうちUS$30億は保険によって代価を払われた。

1995年の災害に見舞われた領域は、さらに工業化され、メリル・リンチの予測はGDPで12%であった。
対照的に、その領域は最新の破壊アカウントでちょうど7%以上上昇した。

約2,000人が死亡し、車や家電製品が徹底的に破壊され、彼らはそれ無しで生活できなくなっている。

それは同時に、巨大マーケット消費を作った。

約2,000人の人柱が、デフレの解消のためになり、一気に日本経済を押し上げるのかもしれない。

経済とは、残酷かもしれないが、政治では動かないが、このような徹底した自然破壊が大きな成長の手掛かりになる可能性は高い。

これほど多くの諸費材が一気に破壊されることはないことから、日本経済は、もの凄いリバウンドが期待される。

破壊は、新しい生産の礎になる。

それこそが、日本の底力になる。

人が死んで、それを無駄にしてはいけない。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告