gaYa広告

2011年03月08日

おんぼろスペースシャトル・ディスカバリー最後の任務完了!

NASAは、フロリダにあるNASAのケネディ宇宙センターのシャトル着陸支援施設(the Shuttle Landing Facility at NASA's Kennedy Space Center in Florida)の滑走路15(Runway15)にスペースシャトル・ディスカバリー(space shuttl Discovery)が抗力シュート(drag chute)は広げ、米国東部標準時午前11時57分に着陸した写真を公開し、2011年03月08日に、着陸した後のスペースシャトル・ディスカバリーの前で、帰還したスタッフがポーズを取った写真を公開した。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

スペースシャトル・ディスカバリーは、ISS(International Space Station/国際宇宙ステーション)への13日間のSTS-133任務を終了した。

午前11時57分17秒にメイン・ギヤ・タッチダウン(Main gear touchdown)、前輪タッチダウン(nose gear touchdown)に午前11時57分28秒、午前11時58分14秒にウェルステップ(wheelstop )と続いた。

機内には、スティーブ・リンジー指揮官(Commander Steve Lindsey)、パイロットのエリック・ボエ(Pilot Eric Boe)、ミッション専門家のニコル・ストット(Mission Specialists Nicole Stott)、マイケル・バラット(Michael Barratt)、アルビン・ドリュー(Alvin Drew)、およびスティーブ・ボーエン(Steve Bowen)が搭乗していた。

スペースシャトル・ディスカバリーと6メンバーの乗組員は、Permanent Multipurpose Module、供給と緊急予備部品の部品のパック、器用な人型宇宙飛行士アシスタント・ロボットの「Robonaut 2」を届けた。

Image Credit: NASA/Jack Pfaller

STS-133はディスカバリーの39番目で、そして、最終的な任務であった。
また、スペースシャトル・プログラムの133番目の任務で、宇宙ステーションへの35番目のシャトル船旅でもあった。

帰還したスタッフがポーズを取った写真は、左から、ニコル・ストット、マイケル・バラット、パイロットのエリック・ボエ、スティーブ・リンジー指揮官、アルビン・ドリュー、スティーブ・ボーエンで、ディスカバリーの39番目と最終的な飛行を終了して、2011年3月9日水曜日にフロリダ州ケープ・カナベラルのケネディ宇宙センターに着陸した後に撮影された。

スペースシャトル・ディスカバリーは1984年以来、39の任務を飛び、宇宙で365日間を過ごして、5,830回地球の周囲軌道を描いて回って、1億4822万1675マイル旅行した。

Image Credit: NASA/Bill Ingalls

着陸したスペースシャトル・ディスカバリーの写真を見ると、それは中古車センターでも買い手が付かないほど、修復の痕が痛々しい。

それを飛ばすスタッフは、ニッチなクラシック・オタク・エンジニアなのかもしれない。
このようなオンボロに乗って旅した6人の宇宙飛行士は、オンボロ・ヒッピー・バス「Magic Bus」の乗客のようにも見えてくる。

さすが、麻薬王国アメリカの宇宙船スペースシャトル・ディスカバリー!

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。