gaYa広告

2011年03月08日

おんぼろスペースシャトル・ディスカバリー最後の任務完了!

NASAは、フロリダにあるNASAのケネディ宇宙センターのシャトル着陸支援施設(the Shuttle Landing Facility at NASA's Kennedy Space Center in Florida)の滑走路15(Runway15)にスペースシャトル・ディスカバリー(space shuttl Discovery)が抗力シュート(drag chute)は広げ、米国東部標準時午前11時57分に着陸した写真を公開し、2011年03月08日に、着陸した後のスペースシャトル・ディスカバリーの前で、帰還したスタッフがポーズを取った写真を公開した。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

スペースシャトル・ディスカバリーは、ISS(International Space Station/国際宇宙ステーション)への13日間のSTS-133任務を終了した。

午前11時57分17秒にメイン・ギヤ・タッチダウン(Main gear touchdown)、前輪タッチダウン(nose gear touchdown)に午前11時57分28秒、午前11時58分14秒にウェルステップ(wheelstop )と続いた。

機内には、スティーブ・リンジー指揮官(Commander Steve Lindsey)、パイロットのエリック・ボエ(Pilot Eric Boe)、ミッション専門家のニコル・ストット(Mission Specialists Nicole Stott)、マイケル・バラット(Michael Barratt)、アルビン・ドリュー(Alvin Drew)、およびスティーブ・ボーエン(Steve Bowen)が搭乗していた。

スペースシャトル・ディスカバリーと6メンバーの乗組員は、Permanent Multipurpose Module、供給と緊急予備部品の部品のパック、器用な人型宇宙飛行士アシスタント・ロボットの「Robonaut 2」を届けた。

Image Credit: NASA/Jack Pfaller

STS-133はディスカバリーの39番目で、そして、最終的な任務であった。
また、スペースシャトル・プログラムの133番目の任務で、宇宙ステーションへの35番目のシャトル船旅でもあった。

帰還したスタッフがポーズを取った写真は、左から、ニコル・ストット、マイケル・バラット、パイロットのエリック・ボエ、スティーブ・リンジー指揮官、アルビン・ドリュー、スティーブ・ボーエンで、ディスカバリーの39番目と最終的な飛行を終了して、2011年3月9日水曜日にフロリダ州ケープ・カナベラルのケネディ宇宙センターに着陸した後に撮影された。

スペースシャトル・ディスカバリーは1984年以来、39の任務を飛び、宇宙で365日間を過ごして、5,830回地球の周囲軌道を描いて回って、1億4822万1675マイル旅行した。

Image Credit: NASA/Bill Ingalls

着陸したスペースシャトル・ディスカバリーの写真を見ると、それは中古車センターでも買い手が付かないほど、修復の痕が痛々しい。

それを飛ばすスタッフは、ニッチなクラシック・オタク・エンジニアなのかもしれない。
このようなオンボロに乗って旅した6人の宇宙飛行士は、オンボロ・ヒッピー・バス「Magic Bus」の乗客のようにも見えてくる。

さすが、麻薬王国アメリカの宇宙船スペースシャトル・ディスカバリー!

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

gaYa広告