2011年03月03日

麻薬抗争の町で警察署長になった女子大生が、米国に亡命。

AFPは2011年03月04日に、2010年10月にメキシコ北部の町の警察署長に就任した20歳の女子学生が、亡命を求めて米国に渡ったことが2011年03月3日、親族の話で明らかになったと報告した。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

もしかして、警察署長が不法入国の後、亡命?

メキシコ・チワワ(Chihuahua)州の米国境近くの小さな町、プラセディス・グアダルーペ・ゲレロ(Praxedis Guadalupe Guerrero)では、2010年6月に町長とその息子が殺害された後、警察署長候補の2人が相次いで辞退した。一児の母でもあるマリソル・バジェス(Marisol Valles)がその後に、署長就任を引き受けた。

このニュースは大きな話題になった。

プラセディス・グアダルーペ・ゲレロでは、2010年の1年間で3,100人が麻薬取引をめぐる抗争とみられる暴力事件で死亡したシウダフアレス(Ciudad Juarez)の南東65kmにある町である。

近くの町グアダルーペ(Guadalupe)では2010年12月、町でただ1人の警察官だったエリカ・ガンダーラ(Erika Gandara)さん(28)が武装集団に拉致され、現在も行方が分かっていないと報告している。

プラセディス・グアダルーペ・ゲレロ(Praxedis Guadalupe Guerrero)のGoogle Earthポインター情報
17°57'28.37"N,102°11'24.58"W
または、
17.957881, -102.190161

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告