2011-02-24

DNAを通した犬の家畜化を調査。

NSF(National Science Foundation/米国国立科学財団)は、NSFに支援された研究者は5大陸で、犬の遺伝的流れを調査していると報告した。

ライアン・ボイコ(Ryan Boyko)と彼の妻コリ(Cori)は、スタンフォード大学の進化論ゲノム研究者(evolutionary genomicist from Stanford University)である彼の弟のアダム・ボイコ(Adam Boyko)によって導かれた共同制作者のチームの旅行のメンバーで、彼らはUCLAと米国立ヒトゲノム研究所(National Human Genome Research Institute)からの研究者と共に犬の遺伝学と発展を研究する大きい研究計画にかかわっている。

ライアン・ボイコと仲間研究者は、5大陸の何10カ国で1,200頭以上の野犬から血液サンプルを集めるのに2年を費やした。

スタンフォード大学医科大学遺伝学教授のカルロス・ブスタマンテ(Carlos Bustamante)は、
「犬は本当の進化力が人口でどのように遺伝的変異に影響を及ぼすかを理解する強力なモデル・システムです。」と言っている。