2011-02-24

タブレットは今後、どの市場を食い荒らすのか?

Cellular-Newsは、グローバルなタブレット市場は2010年の最も高い成長率があったITハードウェア市場であったと報告し、2011年には新しいタブレットが約100種類とうじょうすると、Frost & Sullivanのアナリストが予測していると報告した。

iPadには、2010年に世界中で1830万ユニットのタブレットを販売していて、約90%がグローバルな最もすばらしいシェアがあり、そして、このシェアはブラジルでさらに高いと言っている。

消費者への強い初期の上告によって、この頃は、企業セクターで示された増加する関心をタブレットの採用に移している。

Frost & Sullivanによって最近行われた調査研究では、ブラジル起こったこのセグメントで主要な成長の機会を分析した。

2010年に世界中で販売された総ユニットでは、5%だけがビジネスによって買われた。
しかし、この割合が2015年に30%にアプローチすると予測している。

ビジネスで、タブレットの使用におけるパイオニアは、製薬企業、工事現場、消費財であった。
そしてすでに、ビジネス・サクセス・ストーリーを提示している。

ブラジルの法人市場は遅れていなかった。
多くの会社が生産性と所得水準を最適化するために、タブレットの実現を研究し始めていた。

アプリケーションに関して、最も広く使用されると予想されたのは、CRMとBusiness Intelligenceツールとして、メールと販売支援ソフトウェアであった。

しかし、Frost & Sullivanの先任の市場分析をしたフェルナンド・ベルフォール(Fernando Belfort)は、
「ブラジルで発売されたデバイスの不足、タブレットのための限られたアプリケーション開発者、低い数字の3Gデータプラン、タブレットのための通信業者特定補助金や地方市場の高い受話器価格などのように、法人市場でタブレットの侵入に影響を与えている強力阻害剤がまだあります。」と結論づけた。

つまり、最適化されたビジネスAppが登場することで、爆発する可能性が高いと言うことであり、それにはビジネスApp向け、ツールが一般公開され、自由に組み立てることが可能になることが望まれる。