2011-02-24

ボーダフォンは、インドの地上通信線市場を考え始めた!

Cellular-NewsはEconomic Timesからの情報として、イギリスのボーダフォン(Vodafone)のインド子会社ボーダフォン・エッサー(Vodafone Essar)が企業顧客だけをターゲットに、地上通信線市場を検討し始めたと報告した。

ほとんどの消費者が、モバイルサービスの使用を好むように、インド国内の地上通信線サービスの市場は、はるかに小さくて、それほど信頼性がない。

Enterprise and Carrier Businessの会議でディレクターのナビーン・チョプラ(Naveen Chopra)は、
「私たちはビジネスで遅れてきた参加者ですが、それは何か失うものの有利な立場にいません。」と言っている。

競争が増加するのに応じて、地上通信線電話コストが1年あたり約10-15%下落しているが、過去2年間で半分にされたモバイル・マーケットでの殺人的競争と比べて、安定性がある。

ナビーン・チョプラは、企業ビジネスが2016年の終わりまでに収入のおよそ20%を占めると予想している。