2011-02-24

NTTドコモが世界最薄のスマートフォンを発表。

Cellular-Newsは、新しい携帯電話スマートフォン「MEDIAS N-04C」、スマートフォン「SO-01C(Xperia arc SO-01C)」、タブレット「Optimus Pad L-06C」の3種類を発表し、日本で3月から順次販売していくと言ったと報告した。

スマートフォン「MEDIAS N-04C」は、厚さが7.7mmと世界で最も薄い3Gスマートフォンで、重さも105gで、モバイル財布「おサイフ・ケイタイ」、モバイル地上波デジタル・テレビ「チデジ」赤外線ベースのデータ交換「NFC」などの人気があるサービスを装備している。

写真機能は、迅速なショットで1.1秒毎に連続したショットを撮影可能にしている。
「MEDIAS N-04C」は、2011年3月15日に利用可能になる予定になっている。

Xperiaシリーズの最新モデル「SO-01C(Xperia arc SO-01C)」は、オペレーティング・システムの最新版Android2.3を採用し、2011年6月に始められるDoCoMoのHSDPAサービスエリアとのコンパチブルとして最初の携帯電話で、最大のダウンリンク14Mbpsを達成する。
「SO-01C(Xperia arc SO-01C)」は、2011年3月24日に利用可能になる予定になっている。

「Optimus Pad L-06C」は、タブレット型パソコンのためにAndroid3.0オペレーティング・システムを採用している。
8.9インチのディスプレイとダイナミックなステレオスピーカーを採用し、620gの重さで、「モバイル劇場(mobile-theater)」を実体験できるよう設定されている。
「Optimus Pad L-06C」は、2011年3月24日に利用可能になる予定になっている。

これらすべての3つのモデルが、2011年3月24日に始められるAndroidスマートフォンのためのBeeTVビデオ流通サービスと互換性がある。

そろそろ、NTTドコモの総反撃が始まった。