2011-02-24

インドの有名な漫画家が死去した!

人物

BBC Newsは2011年02月25日に1960年代に、インドの神話シリーズでインドのマンガ雑誌産業を作ったインドの手塚治虫ともいわれるアナント・パイ(Anant Pai/1929 - 2011)が81歳で死去したと報告した。

アナント・パイは、古代のヒンズー教徒叙事詩「マハブハラタ(Mahabharata)」「ラーマーヤナ(Ramayana)」から、非常に人気があるアマー・チッタ・カタ(Amar Chitra Katha)シリーズを作り上げたことで知られている。

ファンに、「パイおじさん(Uncle Pai/パイ・バブー/Pai Baboo)」と呼ばれ、シリーズは1億部冊上を販売した。

先週末に、デリーで開催されたインドで最初のコミコンで生涯功労賞を受けたばかりであった。

彼の出版社によると、木曜日に不意の心臓発作で死んだと言っている。
また、土曜日に破砕している足のために手術を受けた。

美しく、例証されていて簡単な言語で書かれていて、コミックは何世代ものインド人にとってのヒットで、アマー・チッタ・カタ・シリーズは、毎年約300万部売れている。