2011-02-24

ビルマのアウン・サン・スー・チー女史と米国の援助会談。

BBC Newsは、最高米国外交官がビルマで、米国の援助計画に関してビルマの民主派リーダーアウン・サン・スー・チー(Aung San Suu Kyi)女史との会談を始めたと言ったと報告した。

また、米国の代理大使ラリー・ディンジャー(Larry Dinger)は、ビルマの軍によって支持された当局に相談していたと言った。

米国は、現在ビルマで制裁を加えて、非常時と人道的な理由のためだけに直接補助を提供している。

スー・チー女史さんのNLD(National League for Democracy/国民民主連盟)は最近、制裁内容の変更について会談を求めた。

ラリー・ディンジャー代理大使は、「もちろん、合衆国はビルマで米国の支援計画に関してアウン・サン・スー・チー女史とNLDとの対話に従事しています」と言って、対話は火曜日に始まった。

彼は、「継続する会話になることを願っています。」
「また、私たちはビルマに向かった米国政策の定式化でNaypyidawの当局とそのような切迫した課題のすべての重要な見解を考えるための取り組みで、そのほかの利害関係者と交戦しました。」とBBCに言った。

ビルマの評論家は、当然のこととしてビルマの刑務所にいる2,000人以上の政治犯がすべて釈放されて、支配で本物の役割を示すことを要求した。

軍によって支持された党が圧倒的に勝った2010年11月の選挙は、米国、イギリス、オーストラリア、ヨーロッパの紛い物として糾弾された。

しかし、ビルマの最も近い隣人タイ、中国、およびインドによって導かれ、ビルマの経済の積極的な参加している。 これは軍事的エリートによって制御された豊かな天然資源アクセスを提供している。

NLDは最近のステートメントで、制裁が主として大衆ではなく、ビルマ全体に影響すると言った。
しかし、それ全体を緩和するか、または強化して欲しかったかについては言及しなかった。

それは、「いつ、どのように、制裁は民主主義のためにどんな状況で変更されているか、そして、人権、および健康な経済環境」を見るために米国、EU、カナダ、およびオーストラリアとの会談を求めていたことを示した。

アウン・サン・スー・チー女史は2010年11月の解放以来、より大きい対外投資を求めている。