2011-02-24

リビアの不安で、アジアの石油高騰し、新記録!

BBC Newsは、リビアの不安定な国家が石油に大きく影響し、石油価格は、より高く押し上げ続け、2年半で最高水準に達したと報告した。


ブレント原油は1.4%上がって、アジアの貿易では、米国軽質原油はUS$99.19で、約1%上がっていたが、1バレルあたりUS$112.80になったと言っている。

価格が最も高かったのは2008年10月で、アナリストはこの状態が継続すると、それ日かずくかもしれないと言っている。

高い石油価格はアジアの株式市場を圧迫し、そして、取り引きは混乱している。

日本の日経主要銘柄平均株価インデックスは0.7%を失った。
シンガポールのSTIインデックス、香港のHang Seng、および韓国のKOSPIは少ししか変わらなかった。

台湾では、主なインデックスがおよそ1%を上昇した。

石油価格は何カ月も上昇していたが、リビアの暴動は粗雑なコストの激増を引き起こした。

リビアは石油出力の大部分がヨーロッパで行っている世界で12番目の輸出国である。

フランスの巨大石油会社Totalが、リビアで石油の操作を止め始めると言った後に、供給関心は増幅された。

他の石油の会社は、最近の数日に同様の手段を講じた。

バークレー・キャピタル(Barclays Capital)は、あまりに遠くにそれを見積もっているので、生産は1日あたり約100万バレルで止めている。

国際エネルギー機関(International Energy Agency)とサウジアラビアは、どんな不足分もカバーするために供給を増加させると約束した。

しかし、それは原油市場で緊張をほぐしていない。
アナリストは、石油価格が燃料費と食物を押し上げ、上昇し続けるかもしれないという心配があると言った。

それは、消費者のポケットを打って、より遅い経済成長と、より弱い企業収益をもたらすことになる。

あらゆることが、世界の不安定な経済をかき回す。