AD SPACE

2011-02-12

中国は映画、テレビで喫煙場面を制限。

美容と医学の科学

Google NewsはAFPからの情報として2011年02月12日に、3億人の喫煙家が習慣を止めるように誓約していた中で、映画とテレビの連続番組の中で、タバコを吸う場面を制限するように命令したと報告した。

[AD] You can advertise on this site.

中国のマスコミ監視組織SARFT(State Administration of Radio, Film and Television)は、タバコを吸う場面を禁止し、未成年者の喫煙に厳重管理を求めた。

SARFTのWebサイトで、タバコの商標を映画やテレビに表示することを禁止し、タバコを吸う場面はできる限り短くするように土曜日に表示した。

華社通信によると、北京で1万1000人の中学校生の中で指導された調査は、約33%がテレビで俳優がタバコを吸ったのを見た後に喫煙してみたがっていることを示した。

世界の最大のタバコ生産者で、消費者がいる中国で、最高殺人者と喫煙と副流煙の正確な高い医学的、そして、社会的なコストを露出した。

先月、外国人の医療関係者は、界で最も人口が多い中国で、タバコによる死者が2030年までに3倍になることがという共同報告警告を発行した。

レポートには、強い方法が採られなかったなら、2005年の120万から、2030年までに毎年350万人以上が、喫煙に起因する病気で死ぬことになると書かれてた。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.