on-the-time.jp

2011年02月12日

ドイツで苦情が、オンラインで氾濫!

ドイツのDeutsche Welleは、「German customers take their grievances online」を公開し、市場調査員Tolunaと広報会社のFaktenkontorによる新しい調査で、ドイツの顧客サービスへの深い不満にぶち当たったと報告した。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

3分の1以上は、これがしばしば彼らに起こったと言い、5人のドイツ人のうちの4人は、彼らが苦情を無視させたと言った。

また、約1,000人の消費者から資料を取り集めた調査によって、潜在的に新しい顧客を追い払って人々がインターネットで彼らの悪い経験をますます共有しそうであるのがわかりました。

とやかく言った人々の最大42%は、彼らの友人とファミリーにすぐに言いた、4分の1以上がオンラインフォーラム、レビューウェブサイト、およびソーシャル・ネットワークに彼らの経験に関して書いた。

Faktenkontorのカルステン・ヘーア(Carsten Heer)は、
「新しいことはインターネットの要素です。」
「2、3年前に、同様の調査をしました。そして、人々が公的にオンラインで彼らの苦情をあまりにたくさんもらっていたことを示しませんでした。」

ヘーアは、大抵の会社がこの増加している傾向を知っていないと言い足した。

しかし、テレコミュニケーションと情報技術上部組織BITKOMのスポークスマンであるラルフ・ベウニック(Ralf Beunink)は、そのような結論に来ることに関して、より用心深かった。

彼は、「私を驚きせんが、多くの会社がインターネットでソーシャル・メディアのパワーをますます意識するようになっています。」と言った。

理屈っぽいドイツ人が、情報配信能力と、その効果を共有し始めている。
恐ろしい!

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

この記事に関連する外部のサイト